FC2ブログ

フォトログ 小旅 風草

日頃の写真、旅の写真

江ノ島セーリングの写真 2019.8.26

現在、セーリングワールドカップシリーズ江の島大会2019が江の島~逗子の間の海で開かれていますが、その前日の26日に練習セーリングを見てきました。決勝は9月1日に行われます。

P8260030-s.jpg
江の島へ行く途中の景色。

P8260047_1-s.jpg
江の島のヨットハーバーに到着。出場種目の詳細は以下のとおりです。 RS:X(アールエスエックス)級、レーザー級、レーザーラジアル級、470(ヨンナナマル)級、49er(フォーティーナイナー)級、49erFX(フォーティーナイナーエフエックス)級、フイン級、ナクラ17(ナクラジューナナ)級です。

P8260049_1-s.jpg
ハーバーにたなびく参加各国の旗。

P8262756-s.jpg
RS:X級女子 いわゆるウインドサーフィンです。

P8261865-s.jpg
レーザーラジアル級。 セールナンバー JPN-202611は冨部 柚三子選手です。

P8261980-s.jpg
470級女子。 オーストラリアから。

P8261889-s.jpg
470級。 スピンネーカーを張っています。

P8262874-s.jpg
49er級。フォーティーナイナーと読みます。 実はこの艇を今回初めてみました。

P8262035-s.jpg
これはすばらしい船です。

P8262284-s.jpg
49erのスピンネーカーラン。

P8262777-s.jpg
こちらナクラ17級。 港を出てすぐになにやら黒い曲がった板を差し込んでいる女性クルー。この種目は男女混合です。

P8263313-s.jpg
ナクラ17級。ナクラ17級はオランダのナクラ社が製造する全長17フィートのヨットで時速50キロを越える速度で海面から浮き上がり、空飛ぶヨットと呼ばれています。

P8260637-s.jpg
これはジャイビング中。

P8260241-s.jpg
なんとも気持ちよさそう。

P8260619-s.jpg
空飛ぶヨット。 かっこいい。

            と言う事で江の島で開かれているセーリングワールドカップ前の練習風景の写真でした。本番は残念ながら都合で行けないのであります。

                        江の島セーリングの写真   おわり




スポンサーサイト



  1. 2019/08/29(木) 20:28:51|
  2. 藤沢の写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

8月の大磯・照ヶ崎海岸のアオバトの写真 2019.8.21

今年2回目の大磯・照ヶ崎海岸へアオバトの写真を撮りに出かけました。

P8211427-s.jpg
家を7時半ころ出て照ヶ崎海岸にやってきました。天気は薄曇です。

P8211360-s.jpg
アオバトー2。 この日、朝のうちは磯に海水を飲みにけっこう来ていました。

P8211363-s.jpg
アオバトー3。 300mmに買ったばかりの2倍テレコンを付けています。

P8211384-s.jpg
アオバトー4。

P8211041-s.jpg
アオバトー5。 丹沢から海水を飲みにやってきます。

P8211060-s.jpg
アオバトー6。
P8211086-s.jpg
アオバトー7。 途中、ハヤブサに攻撃をうけることも。残念ながら撮りにがしました。

P8210613-s.jpg
アオバトー8。 ぶどう色の羽は雄です。

P8211421-s.jpg
アオバトー9。 岩の穴に溜まった海水を飲んでいる雌のアオバト。

P8211415-s.jpg
アオバトー10。 雄雌 仲良く。

P8210016_1-s.jpg
そうこうしているうちに磯遊びの家族がやってきました。ここで引き上げることに。

P8210019_1-s.jpg
引き上げる途中、カヌーが2隻、海から上がって来ました。

P8210020_1-s.jpg
カヌーの中を覗いてみるとこんな大きな真鯛が。 となりの2匹はヒョウモンハタでしょうか。いずれもおいしい魚でなによりです。沖で魚を捌いて来ていました。

P8210026-s.jpg
ブログ出演OKということで、真鯛を持っていただきハイ!ポーズ。 この海域はけっこう釣れるらしいです。

P8210104-s.jpg
ごろすけ。 家に帰ってきました。最近、朝晩涼しくなってきたので少し元気になってきましたが、雷に花火大会とごろすけの受難はもう少し続くのであります。

                     8月の大磯・照ヶ崎海岸のアオバトの写真   おわり 







  1. 2019/08/24(土) 10:39:26|
  2. 鳥の写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

茅ヶ崎中央公園のクマゼミの写真 2019.8.15

茅ヶ崎の中央公園にてクマゼミの写真を撮ってきました。

P8150399-s.jpg
クマゼミです。比較的写しやすいこの公園で色々な角度から日ごろ写しにくいクマゼミを写してきました。

P8150118-s.jpg
クマゼミー2。 午前中早く盛んに飛びまわっていましたが、飛び物は不発に。

P8150251-s.jpg
クマゼミー3。

P8150517-s.jpg
クマゼミー4。 クマゼミの腹腔は赤く色づいています。

P8150373-s.jpg
クマゼミー5。

P8150390-s.jpg
クマゼミー6。 シャーシャーシャーと盛んに鳴いていました。

P8150258-s.jpg
クマゼミー7。

P8150536-s.jpg
クマゼミー8。 三又の木にクマゼミが3匹。左下が雌です。

P8150543-s.jpg
クマゼミー9。 上2匹の雄が雌のところに降りて来ました。

P8150544-s.jpg
クマゼミー10。 雄どうしが、つかみ合いに。

P8150545-s.jpg
クマゼミー11。

P8150552-s.jpg
クマゼミー12。 つかみ合ったままどんどん木の上の方へ。飛び立つ瞬間を撮りたかったのですが、見えなくなってしまいました。

P8150319-s.jpg
クマゼミー13。 また鳴いているクマゼミを。鳴いているときは羽が多少広がります。

P8150327-s.jpg
クマゼミー14。 シャーシャーシャー クマゼミは午前中早いうちによく鳴き、ミンミンゼミ、アブラゼミと鳴く時間をづらしているようです。

P8150309-s.jpg
クマゼミー15。 最後の写真はクマゼミを正面から。 ということで台風前の暑い夏の日のセミの写真でした。

                       茅ヶ崎中央公園のクマゼミの写真    おわり
  1. 2019/08/17(土) 16:00:04|
  2. 虫の写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

焼岳登山の写真 園3 2019.8.9

焼岳登山の写真 園3です。

P8090374-s.jpg
次の日(8月9日)の朝、朝焼けをねらいましたが、遅すぎでした。この後、朝食をゆっくり食べ、静岡、愛知からこられた山仲間と別れを告げました。

P8090386-s.jpg
朝の山並み。この後、ハシゴ場が連続しますので慎重に。

P8090414-s.jpg
ゴゼンタチウバナもすでに赤い実を付けていました。

P8090431-s.jpg
焼岳のアザミ。

P8090435-s.jpg
タケシマランの実。赤く綺麗に色づいていました。

P8090457-s.jpg
上高地に多いキツリフネ。

P8090467-s.jpg
クロクモソウ発見。上高地ではかって涸沢へ行く途中の沢沿いにたくさん咲いていたのを思い出しました。

P8090624-s.jpg
コヤマトンボ。 焼岳登山口まで降りてきたときに小さな沢沿いに止まっていました。

P8090640-s.jpg
こちらはミヤマアカネです。やはり同じ小さな沢の周辺にいました。

P8090740-s.jpg
同じ沢にミヤマカラスアゲハが吸水していました。

P8090762-s.jpg
田代橋付近に戻ってきました。橋を渡って直接バスターミナルまで行かず右岸ををかっぱ橋まで行ってみることに。

P8090775-s.jpg
梓川沿いにたくさん咲いていたクサボタン。

P8090792-s.jpg
かっぱ橋より今下山してきた焼岳を。

P8090802-s.jpg
振り返っていつもの風景。穂高連峰。この後、バスターミナルへ戻り沢渡へ。

P8090808-s.jpg
グッド・バイ上高地。 野麦街道を帰る途中、松本電鉄の電車が通り過ぎて行きました。

                    焼岳登山の写真   おわり

  1. 2019/08/14(水) 10:56:55|
  2. 山の写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

焼岳登山の写真 園2 2019.8.8

焼岳登山の写真 園2です。

P8080183aa-s.jpg
焼岳山頂より望遠レンズで上高地を写してみました。 右の赤い屋根が帝国ホテルです。

P8080188-s.jpg
山頂より夏の雲と槍ヶ岳。

P8080226-s.jpg
焼岳南峰。 現在、崩落の危険があるため立ち入り禁止となっています。

P8080234-s.jpg
山頂直下の噴煙が上がっている場所。

P8080244-s.jpg
山頂でだいぶゆっくりした後、下山開始です。

P8080247-s.jpg
ヤマハハコ。 下山は花などを見ながらのんびりと。

P8080251-s.jpg
この虫はなんでしょうか。リンドウの葉にのぼっていました。

P8080276-s.jpg
この日は、夏の雲がすばらしかったです。

P8080297-s.jpg
徐々に下ってきました。

P8080311-s.jpg
焼岳小屋に戻って来ました。小屋の前をそのまま通過し焼岳と小屋を写してみました。

P8080338-s.jpg
小屋の前に咲いていた花。名前はなんでしょうか。

P8080345-s.jpg
同じく小屋の前に咲いていたオトギリソウ。

P8080358-s.jpg
焼岳小屋にある雑誌社の方が取材にきていました。 左の方が焼岳小屋のご主人です。小屋の食料や飲み物すべてをボッカで運ぶとか。

P8080362-s.jpg
焼岳小屋です。この日の宿泊は3名で、かなり楽しく酒盛りをとりおこなったのでした。 焼岳はピストンの山とガイドにでていますが、ここに宿泊したほうがゆっくり花や虫や雲などの観察ができるとおもいます。 

P8080366-s.jpg
小屋の前にある岩に咲いていたダイモンジソウ。 なかなか風情のある咲き方でした。

                       焼岳登山の写真  園3へ    つづく

  1. 2019/08/13(火) 20:18:18|
  2. 山の写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

焼岳登山の写真 園1 2019.8.9

上高地、焼岳に登ってきました。 当初、上高地に入り小梨平でツエルト泊し焼岳に登る予定でしたが、沢渡に着いてみると雷に豪雨のため、その日に上高地に入らず車中泊。

P8080009-s.jpg
次の日、沢渡から朝一番のバスに乗り上高地帝国ホテル前で下車し田代橋にやってきました。

P8080010-s.jpg
田代橋を越え800メートルで焼岳登山口に。登山開始。

P8080017-s.jpg
朝露の中、ホタルブクロが咲いていました。

P8080021-s.jpg
登ることしばし、焼岳が見えてきました。しかし、夏風邪の直りかけのせいかピストンするには疲れるので焼岳小屋に泊まることに。

P8080031-s.jpg
一本の白い木。 空は綺麗に晴れ渡りました。

P8080036-s.jpg
焼岳のハシゴ。特にむずかしいものではありません。

P8080039-s.jpg
山とホツツジ。 この上の焼岳小屋にザックを預けカッパと飲み水、チョコレート、カメラなどを持ち山頂へ。

P8080045-s.jpg
登山道に咲いていたツルリンドウの花。

P8080056-s.jpg
登山道の岩にいたベニヒカゲ。

P8080067-s.jpg
途中振り返り、上高地方面と霞沢岳。

P8080094-s.jpg
山頂直下にやってきました。 焼岳は所々に硫黄系ガスと蒸気が噴出していました。

P8080098-s.jpg
頂上直下より穂高連峰を望む。 画面左、うねうねと登山道が続く先の右下に焼岳小屋の青緑の屋根が見えていました。その斜め上方に西穂山荘も。

P8080140-s.jpg
そして、焼岳山頂です。正面に奥穂高岳、左奥に槍ヶ岳、右に梓川の流れが良く見えました。天気晴朗でした。この日は、山小屋に泊まると決めたので、山頂でかなりのんびりしていました。昼寝でもと思ったくらいです。

P8080150-s.jpg
焼岳山頂の火口にある正賀池です。

P8080200-s.jpg
夏雲。 この日の山頂はこれ以上無いというほどの天気でした。

                                焼岳登山の写真 園2へ   つづく



  1. 2019/08/12(月) 12:22:35|
  2. 山の写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

takehiro77

Author:takehiro77
居住:神奈川県 湘南地区
性別:男性 趣味:写真、小旅行、温泉、山野草栽培

湘南のオリンパス愛好家です。よろしくどうぞ。

カメラ:
OLYMPUS E-300
OLYMPUS E-M1 MarkⅡ
OLYMPUS E-M5 MarkⅡ

レンズ:
    ZUIKO DIGITAL 14-54mm 1:2.8-3.5

FOUR THERDS ADAPTER MMF-3
PRAKTICAR PENTACON 50mm 1.8 auto
Kindai M42-FOUTHIRDS mount adapter

M.ZUIKO DIGITAL 12-40mm 1:2.8 PRO
M.ZUIKO DIGITAL 40-150mm 1:2.8 PRO
M.ZUIKO DIGITAL 60mm 1:2.8
M.ZUIKO DIGITAL 300mm 1:4 PRO
M.ZUIKO DIGITAL 1.4X TELECONVERTER MC-14
M.ZUIKO DIGITAL 2.0X TEREKONVERTER MC-20
風の吹くまま、気の向くまま、ときには一人で、ときにはごろすけと、ときには家族で、ときには仲間と近所や旅へ。

リンクはご自由に。



















   

カテゴリー

最近の記事

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

最近のトラックバック

TreeComment_PD

 

TreeComment_PD

 

ツリートラックバック

ブログ内検索

RSSフィード