フォトログ 小旅 風草

日頃の写真、旅の写真

隅田川の花火の写真 2016.7.30

夏に1回は花火撮影でもと、隅田川に行ってきました。

s-kkP7250020.jpg
7月30日のごろすけです。、暑いのはやだよ!と庭の片隅で。

s-kkP7250149.jpg
朝、ごろすけと散歩に行った時に写した八重の芙蓉の花。この花を見たときに花火の撮影が浮びました。え~と、今日の花火は、隅田川へ行ってみることに。

s-kkP7300183.jpg
16時50分ころ、南千住の汐入公園にやってきました。すでに場所取りのブルーシートが。しかし、所々にけっこう空きスペースがありました。

s-kkP7300025.jpg
隅田の花火ー1。待つことしばし、花火が打ちあがり初めました。 今日は、全てスカイツリーとのコラボで撮ってみたいと思います。

s-kkP7300026.jpg
隅田の花火ー2。 そういえばうちの庭に「隅田の花火」と言う名のアジサイが。

s-kkP7300031.jpg
隅田の花火ー3。

s-kkP7300034.jpg
隅田の花火ー4。

s-kkP7300105.jpg
隅田の花火ー5。

s-kkP7300106.jpg
隅田の花火ー6。 手前が第一会場から右奥が第二会場からの打つ上げです。

s-kkP7300064.jpg
隅田の花火ー7。

s-kkP7300057.jpg
この日、ヘリコプターが上空をさかんに飛びまわっていました。

s-kkP7300095.jpg
隅田の花火ー8。 カメラを少し引いて星も一緒に写してみました。

s-kkP7300064.jpg
隅田の花火ー9。

s-kkP7300073.jpg
隅田の花火ー10。

s-kkP7300085.jpg
隅田の花火ー11。 ということで隅田川の花火大会の写真でした。 帰りには常磐線・南千住駅まで、また駅から渋滞もなくスムースに帰宅することができました。

                                 隅田川の花火の写真     おわり







スポンサーサイト
  1. 2016/07/31(日) 18:28:14|
  2. 東京の写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

北穂高岳登山の写真 薗4 2016.7.10~12

北穂高岳登山の写真 薗4です。

s-kkP7121094.jpg
北穂からの朝の富士山。

s-kkP7121117aa.jpg
この日の日の出です。常念と東天井の間から昇ってきました。

s-kkP7121118.jpg
朝の槍ヶ岳。 ほんの少々焼けました。 

s-kkP7121129.jpg
朝日に照らされた北穂高小屋。 現在、午前5時、 さあ!そろそろ下山開始です。岐阜のお坊さんは6時からの朝食をゆっくり食べてからということでした。

s-kkP7121136.jpg
朝日を浴びた北穂のテント場。 ここのテント場はたいへんな所にあります。

s-kkP7121141.jpg
朝の涸沢。 順調に下まで下りてきました。当初、下りは難しいかなと思いましたが、下り専用のマークが付けられていて簡単に下りてこられました。いたれりつくせりといった感じです。 ただ、途中で離れていましたが、音をたててかなりの落石がありました。やはり、ヘルメットはかぶったほうが良いようです。

s-kkP7121169.jpg
帰りに振り返った涸沢小屋。 

s-kkP7121179.jpg
朝の北穂高岳。 今、この頂上から下りてきました。

s-kkP7121204.jpg
本谷橋まで下りてきました。

s-kkP7121206.jpg
今日も聳える屏風岩。

s-kkP7121237.jpg
横尾大橋まで戻ってきました。 ここで月見そばなどを食べしばし休憩。

s-kkP7121294.jpg
梓川の流れ。 いつみても綺麗です。

s-kkP7121298aa.jpg
この日の河童橋。 13:50  バスターミナルまであと少し。この後、温泉でもと思っていましたが、高速に乗ってしまい諏訪湖SAのお風呂であせを流しさっぱりして帰ったのでした。

s-kkP7210007.jpg
北穂高小屋で買ったマグカップと山バッジ。登頂してすぐこのカップを購入しサービスのお茶を山小屋の娘さんに入れてもらいました。 たいへんおいしかったです。 今回、新しくもって行った物に、モンベルショップで購入したハイドレーションシステムのキャメルバッグ(2.5ℓ)があります。これは、たいへん有効でした。 他にきずいた点は、ヘルメット必携と虫除けスプレーです。登山途中に虫がかなり多く、耳の後ろ1箇所と腕4箇所を刺されました。写真などを撮ってじっとしているからかもしれませんが。       ということでほぼ快晴の天気のなか、すばらしい山行となりました。

                                      北穂高岳登山の写真    おわり
  1. 2016/07/22(金) 10:06:58|
  2. 山の写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

北穂高岳登山の写真 園3 2016.7.10~12

北穂高岳登山の写真 園3です。

s-kkP7110710.jpg
北穂高岳山頂です。綺麗に晴れています。これは私としては、たいへん珍しいことなのであります。涸沢小屋から4時間と少々位かかりました。

s-kkP7110714.jpg
竜谷と笠ヶ岳。

s-kkP7110718.jpg
山頂からの槍ヶ岳。 色々な本や雑誌で紹介されている景色ですが、しかし自分の目で実際に見ると格別な思いがあります。

s-kkP7110736.jpg
頂上直下の北穂高小屋です。 このテラスのあの場所、そうです!あの角で槍ヶ岳に向かいビールを飲む!それが皆さんの憧れです。 この時は食事の準備で忙しいようでした。

s-kkP7110756.jpg
北穂高小屋もこの日はすいていて宿泊場所は、ワンスパンに一人でした。 ひと段落してあたりをぶらぶらと。小屋のまわりには、いくつかの高山植物(シコタンソウ、イワツメクサ他)が生えていて分かりやすく木札の名前がついていました。

s-kkP7110758.jpg
遥か下方に山小屋が。

s-kkP7110760.jpg
こちらはかって登った燕岳。 その右に燕山荘がみえました。

s-kkP7110763.jpg
こちらは常念岳です。その左下方に常念小屋が。  この後、急にガスが湧き出しあたり一面真っ白に。ここで、写真撮りとしては失敗が。それは、ガスにまかれた竜谷を写しておくべきでした。

s-kkP7110879.jpg
夕方になり空気が冷えてきたためか槍ヶ岳が再び顔を出してきました。

s-kkP7110858.jpg
北穂小屋から見たこの日の夕日です。

s-kkP7110883.jpg
北穂山頂、沈み行く夕日。

s-kkP7110970.jpg
北穂山頂、暮れ行く槍ヶ岳。 今日の写真はここまでです。 この後、登山途中で一緒になった岐阜からこられたお坊さんと高崎から来られた若者君とビールを飲みながら山やお経(般若心経など)談義を。

s-kkP7121074.jpg
朝焼けの槍ヶ岳。 あけて7月12日の朝です。 今日はここから上高地のバスターミナルまで下りて行かなければなりません。ということで山小屋の朝食は前の晩にお弁当を用意していただきました。 そして今朝4時前に起床。

s-kkP7121085.jpg
朝焼けの空を見ながらお弁当を。 前穂の左に赤く染まった雲が立ち昇っていました。よく見るとその根元に富士山が。

s-kkP7121064.jpg
富士山から立ち昇る赤い雲。

               ということで  北穂高登山の写真 園4(ラスト)に  つづく























  1. 2016/07/20(水) 19:01:54|
  2. 山の写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

北穂高岳登山の写真 園2 2016.7.10~12

北穂高岳登山の写真 園2です。

s-kkP7100392.jpg
白い花咲く緑のナナカマドに赤いテント。涸沢のテント場です。この日はテントは少なく10張り位でした。

s-kkP7100438.jpg
そして涸沢小屋で夕暮れを向かえました。山小屋に泊まる人も少なく個室に一人でした。 次の日に備えヘルメットを借りました。

s-kkP7110493.jpg
次の日、7月11日の朝です。山小屋で朝6時に朝食を食べた後、北穂に向けて登山開始です。

s-kkP7110543.jpg
少し登ってきました。今日も良い天気です。涸沢ヒュッテが下方に見えています。

s-kkP7110544.jpg
北穂登山道の岩場。 しっかりマークがしてあるのでたいへん登りやすいです。

s-kkP7110593.jpg
北穂の梯子場。 とくに高度感や恐怖感はありません。下を見なければ。

s-kkP7110624.jpg
眼前に奥穂高岳。

s-kkP7110636.jpg
岩の間にタカネスミレが咲いていました。

s-kkP7110653.jpg
こちらは常念岳をバックにハクサンイチゲが。

s-kkP7110658.jpg
北穂のお花畑にやってきました。

s-kkP7110666.jpg
この花は、シナノヒメクワガタでしょうか。

s-kkP7110673.jpg
北穂のクサリ&ハシゴ場。 前穂高が綺麗に見えて。 意外と楽に上れます。

s-kkP7110679.jpg
こちらはタカネヤハズハハコです。

s-kkP7110687.jpg
奥穂の横にジャンダルム。 頂上までもう少し。

s-kkP7110704.jpg
この岩が松濤岩でしょうか。 高山に来たという感じです。 つぎは山頂からの写真を。

                          北穂高岳登山の写真 園3へ   つづく

                             


  1. 2016/07/19(火) 11:40:57|
  2. 山の写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

北穂高岳登山の写真 園1 2016.7.10~12

7月の9日に沢渡駐車場で車中泊し10日に涸沢小屋泊、11日に北穂高岳に登り北穂高小屋にゆっくり泊まり12日に帰ってきました。その写真をアップします。

s-kkP7100014.jpg
まず最初はまいどおなじみの河童橋からの風景です。 10日の朝、沢渡から5:40の始発のバスに乗りやってきました。

s-kkP7100019.jpg
いつみても良い景色の穂高の山々。

s-kkP7100033.jpg
徳沢のキャンプ場にやってきました。 ここでテントを張りどこにも行かず、ひがな一日ぶらぶらしているのも良いかもしれません。

s-kkP7100042.jpg
横尾大橋にやってきました。 ここから涸沢に向けて梓川を渡ります。 良い天気になってきました。

s-kkP7100058.jpg
横尾大橋を渡るとすぐ左側に見えてくる屏風岩です。

s-kkP7100095.jpg
涸沢へ行く途中のガレ場。

s-kkP7100100.jpg
涸沢が見えてきました。

s-kkP7100112.jpg
雪がまだ残っていたSガレ。

s-kkP7100135.jpg
右に明日登る北穂高岳が、左のトンガリは涸沢槍です。手前の木は秋に真っ赤に紅葉するナナカマドです。

s-kkP7100154.jpg
今日泊まる涸沢小屋と涸沢岳。

s-kkP7100305.jpg
このアングルは秋の紅葉アングルでしょうか。

s-kkP7100324.jpg
涸沢ヒュッテより。

s-kkP7100346.jpg
アップ涸沢槍と手前に獅子岩。

s-kkP7100379.jpg
この日の涸沢の空。 ということで

                           北穂高登山の写真 園2へ    つづく









  1. 2016/07/15(金) 18:46:36|
  2. 山の写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

箱根・阿弥陀寺の写真 2016.6.25

1週前(6月25日・土)になりましたが、箱根のアジサイ寺で有名な阿弥陀寺に行ってきました。

s-kkP6250001_1.jpg
湯元駅手前の3枚橋の信号を左折し140m位走った所を右折し土、日、祝のみの臨時観光駐車場に車を止めました。阿弥陀寺中腹にある駐車場に車は止められますが、少しは歩かないと、ということで。ここから湯本駅にむかい、線路の反対側へ。

s-kkP6250014_1.jpg
阿弥陀寺の入り口です。

s-kkP6250016_1.jpg
初めはこんな道ですが、だんだん急坂に。

s-kkP6250018_1.jpg
お寺はもうすぐです。

s-kkP6250066_1.jpg
木の根元の所々に置かれている観音様。

s-kkP6250056_1.jpg
アジサイ咲く阿弥陀寺です。

s-kkP6250024_1.jpg

s-kkP6250032_1.jpg
アジサイに囲まれたお地蔵様。

s-kkP6250042_1.jpg

s-kkP6250026.jpg
本堂入り口上に据え付けられていた数珠車(百万遍転法輪)

s-kkP6250035.jpg
賽銭箱に付けられていた葵のご紋。 庭の花と光が反射していました。 このお寺は住職の琵琶の演奏が有名でお聞きしたかったのですが、着いたときには始まっていました。 次は「祇園精舎」を。

s-kkP6250097.jpg
阿弥陀寺のあじさい。

s-kkP6250088.jpg
帰り際、塔ノ沢駅付近のそば所の前で。

s-kkP6250106.jpg
湯元へ下る途中で写した紫陽花。 この日、湯元より上はかなりの渋滞でしたが、ここは涼しくひっそりとしていました。

                              箱根・阿弥陀寺の写真   おわり






  1. 2016/07/02(土) 19:25:20|
  2. 箱根の写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

takehiro77

Author:takehiro77
居住:神奈川県 湘南地区
性別:男性 趣味:写真、小旅行、温泉、山野草栽培

湘南のオリンパス愛好家です。よろしくどうぞ。

カメラ:
OLYMPUS E-300
OLYMPUS E-M1 MarkⅡ
OLYMPUS E-M5 MarkⅡ

レンズ:
    ZUIKO DIGITAL 14-54mm 1:2.8-3.5

FOUR THERDS ADAPTER MMF-3
PRAKTICAR PENTACON 50mm 1.8 auto
Kindai M42-FOUTHIRDS mount adapter

M.ZUIKO DIGITAL 12-40mm 1:2.8 PRO
M.ZUIKO DIGITAL 40-150mm 1:2.8 PRO
M.ZUIKO DIGITAL 60mm 1:2.8
M.ZUIKO DIGITAL 1.4X TELECONVERTER MC-14

風の吹くまま、気の向くまま、ときには一人で、ときにはごろすけと、ときには家族で、ときには仲間と近所や旅へ。

リンクはご自由に。



















   

カテゴリー

最近の記事

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

カレンダー

06 | 2016/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

最近のトラックバック

TreeComment_PD

 

TreeComment_PD

 

ツリートラックバック

ブログ内検索

RSSフィード