フォトログ 小旅 風草

日頃の写真、旅の写真

天城山の写真 園2 2016.5.25

天城山登山(シャクナゲコース)の写真 園2です。

s-kkP5250201.jpg
万三郎岳の山頂に生えていた白花のサラサドウダンです。

s-kkP5250059.jpg
トウゴクミツバツツジ。 山頂付近はまだ綺麗に咲いていました。

s-kkP5250034.jpg
ミツバツツジー2。

s-kkP5250115.jpg
ミツバツツジー3。

s-kkP5250224.jpg
ミツバツツジ咲く山道。

s-kkP5250237.jpg
アセビと倒木。

s-kkP5250240.jpg
倒木にイワガラミ。 もうすぐ花が咲きそうでした。

s-kkP5250253.jpg
ブナの森。 ブナの森はたいへん綺麗でした。

s-kkP5250012.jpg
ブナの森ー2。

s-kkP5250285.jpg
ヤマツツジ。

s-kkP5250313.jpg
ヤマツツジー2。

s-kkP5250321.jpg
ヤマツツジー3。 天城には伊豆半島特産の6月下旬~7月上旬に咲くアマギツツジというツツジがあるとか。

s-kkP5250092.jpg
ヒメシャラの林。

s-kkP5250095.jpg
ヒメシャラの林ー2。  このようなヒメシャラの林は他ではあまり見かけません。

s-kkP5250336.jpg
そしてハイカー専用の天城高原駐車場へ戻ってきました。 平日でシャクナゲのピークが過ぎていたせいか登山者もあまりおらずゆったりとした山登りが楽しめました。

                             天城山の写真    おわり











スポンサーサイト
  1. 2016/05/30(月) 09:34:27|
  2. 山の写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

天城山の写真 園1  2016.5.25

伊豆の天城山へ5月の25日に登ってきました。

s-kkP5250022_1.jpg
伊豆スカイラインより真鶴半島を。 最近、山に登っていない、ということで天城山にいってみることに。

s-kkP5250024_1.jpg
伊豆スカイラインより初島を見る。 自宅を午前3:00に出発し、箱根新道ー伊豆スカイラインへと走ってきました。

s-kkP5250032_1.jpg
スカイライン脇の所々に咲いていた白い花。 花はあじさいににていますが、名前はわかりません。

s-kkP5250043_1.jpg
スカイライン終点から天城高原ゴルフ場に向かう道沿いにいた鹿君。

s-kkP5250045_1.jpg
ここで今日の登山ルートを。この看板の左下のシャクナゲコースをゆっくりと。 天城高原駐車場ー四辻ー万二朗岳ー石楠立ー万三郎岳ー万三郎岳下分岐店ー涸沢分岐点ー石柱ー四辻ー駐車場。と言うコースでコースタイムは4時間35分、8.4kmとなっつています。私の場合は写真を撮りながらゆっくりなので、朝6時に登り始め13時ころ下りてきました。

s-kkP5250064_1.jpg
コアジサイ。 山アジサイが咲くのもあと少し。

s-kkP5250075.jpg
ツクバネウツギ。 箱根から天城にはよく生えています。

s-kkP5250077_1.jpg
そして万二郎岳山頂。 掛けてある赤いザックの持ち主は、軽自動車をキャンピングカーに仕立て、徳島からやってきた方です。これから北海道へ行かれるとか。 ご家族は気持ちよく見送ってくれたそうです。

s-kkP5250124.jpg
手前に馬の背、その向こうに万三郎岳が。

s-kkP5250152.jpg
トウゴクミツバツツジも終わりかけですが、まだところどころに残っていました。

s-kkP5250174.jpg
馬酔木のトンネル。 天城山の名物です。

s-kkP5250193.jpg
ブナの木とトウゴクミツバツツジ。 天城山はブナの林がすばらしい所です。

s-kkP5250185.jpg
アマギシャクナゲ。 今日は、この花を目当てにやってきましたが、ほとんど終わっていました。また、今年の花付きはたいへん悪いようで、付いている花殻を見ても全体の木の1~2割ほどでした。

s-kkP5250198.jpg
そして1405mの万三郎岳山頂に到着です。展望はありません。このコースは花も展望もありませんが、各木々(山ツツジ、トウゴクミツバツツジ、コアジサイ、ツクバネウツギ、シロバナサラサドウダン、アセビ、アマギシャクナゲ、ブナ、ヒメシャラなど)に見るべきものがたくさんありました。

                              天城山の写真 園2へ    つづく

  1. 2016/05/29(日) 11:34:52|
  2. 山の写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

愛媛の旅の写真 園3 2016.5.13

愛媛の旅の写真 園3 ラストです。

s-kkP5130194.jpg
朝の石鎚山を望む。 休暇村・瀬戸内東予の駐車場にて。

s-kkP5130166_1.jpg
朝の潮目。朝飯前の写真。

s-kkP5130192_1.jpg
潮目の写真アップ。 この後、ゆっくり露天風呂に入り、朝食のあと来島海峡大橋へ。
s-kkP5130214.jpg
来島海峡大橋。 亀老山展望公園にて。

s-kkP5130228.jpg
来島海峡大橋ー2。 平山郁夫画伯が描いたアングルはこの辺でしょうか。 ここで愛媛の旅のコースを考えました。まづ広島の尾道まで行き、そこからレンタサイクルでしまなみ海道を愛媛・今治まで行き、そこからレンタカーに乗り換え石鎚山のロープウェイまで行き、石鎚山へ登るというコースです。 1,2日では無理ですが、また 体力が続けばの話ですが、面白そうです。

s-kkP5130228_1.jpg
亀老山展望台にてー3。

s-kkP5130253_1.jpg
亀老山展望台にてー4。 この後、愛媛へ戻り別子銅山へ。

s-kkP5130284_1.jpg
別子銅山跡にやってきました。

s-kkP5130260.jpg
別子銅山・旧第三変電所。 明治27年に建てられた赤レンガ造りの変電所です。

s-kkP5130279.jpg
マイントピアに飾られていた新居浜太鼓祭りに使用される太鼓台。

s-kkP5130255_1.jpg
「東洋のマチュピチュ」と呼ばれる産業遺産の別子銅山へ行きたかったのですが、時間がないためマイントピア本館の見学をして義兄夫妻を新居浜駅まで送りに行き、我々は、松山自動車道で松山から松山空港へ。

s-kkP5130314.jpg
松山空港送迎デッキにて。

s-kkP5130309_1.jpg
羽田に向け出発前のJALにて。

s-kkP5130318_1.jpg
そして松山空港に綺麗な夕日が沈んで行きました。 1泊2日のあまりにも短い愛媛の旅でした。ごろすけが心配で今回は1泊2日としました。あずけた所は近くのペットショップです。しかし、昨年の博多行きのときより他所になれたみたいでした。

                         愛媛の旅   おわり






  1. 2016/05/21(土) 19:06:40|
  2. 愛媛の旅
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

愛媛の旅の写真 園2 2016・5・12,13

愛媛の旅 園2です。

s-kkP5120082_1.jpg
面河山岳博物館にあった観光案内版。 この後、石鎚スカイラインへ。

s-kkP5120063.jpg
石鎚山です。 画面左下に滝が見えました。石鎚スカイライン展望台より。 石鎚山は西日本一高い山です。

s-kkP5120129.jpg
滝(ご来光の滝)のアップです。日本の滝100選に選ばれているそうです。(3段からなる落差101.6m、総延長150.9m、幅34mの大瀑布。滝つぼに自分の姿を映すと、背中から当たる太陽の光がご来光のように見えることから、この名がついたといわれています。)と山岳博物館だより№17に書かれていました。しかし、滝まで行くには、片道4時間はかかるということです。

s-kkP5120079.jpg
石鎚山のアップです。ヘリコプターが荷物を運んでいました。次回訪れたときには、この山に登りたいと思います。

s-kkP5120135.jpg
石鎚神社です。ここでご朱印を頂きました。 ここから今日の宿、国民休暇村 瀬戸内東予へ。

s-kkP5120161.jpg
瀬戸内東予から見た瀬戸内の海。

s-kkP5120164.jpg
瀬戸内東予の売店にて。 たっぷりオーシャンビューの露天風呂(この日は5月の毎木曜日で菖蒲湯でした)にはいり、夕食はさざえのつぼ焼き海鮮バイキングでした。その後、2時間カラオケを。

s-kkP5120099kk.jpg
カラオケのあと、休暇村の駐車場からライブコンポを少々。

s-kkP5130104.jpg
そして、次の日の早朝、休暇村の駐車場より。 このあと、車で下の浜へ下りてみました。 石鎚山は右の山群の左側、真ん中は瓶ヶ森、左は寒風山です。

s-kkP5130168.jpg
休暇村下の浜辺。 もうすぐ日の出です。

s-kkP5130143.jpg
もうすぐ日の出。草たちのささやき。

s-kkP5130176.jpg
そして、瀬戸内の日の出です。 今回の旅は好天に恵まれました。

s-kkP5130161.jpg
浜の足元に咲いていた月見草。

s-kkP5130186.jpg
浜には桜貝やいろいろな貝殻がいっぱいありました。

                       愛媛の旅の写真 園3へ  つづく













  1. 2016/05/19(木) 10:13:19|
  2. 愛媛の旅
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

愛媛の旅の写真 園1 2016・5・12,13

5月の12,13日に愛媛の旅に行ってきました。 松山で博多の義兄夫婦と合流し家内、私の4人でまずは面河渓(おもごけい)へ。

s-kkP5120012_1.jpg
出発前の羽田、送迎デッキにて。

s-kkP5120056_1.jpg
松山空港に降り立ちレンタカーで面河渓へ向かう途中の風景。

s-kkP5120068_1.jpg
面河ダム湖。 R494の少々狭い道を走ってきました。

s-kkP5120075_1.jpg
四国クロスズムシソウ。 四国を代表する野生ランです。面河山岳博物館に鉢植えでおいてありました。どこか購入できるところを尋ねたところわからないということでした。その後いくつかの道の駅などでたずねたところ、名前すら知らない所がほとんどでした。
ちなみに今、我が家では3年前くらいにヤフオクで愛媛の出品者から購入した1本のクロスズムシが綺麗に咲いています。

s-kkP5120008.jpg
面河渓ー1。 車はこの先の渓泉亭まで行ってもらい、私は博物館より関門方面の遊歩道へ。

s-kkP5120016.jpg
面河渓ー2。

s-kkP5120089_1.jpg
面河渓ー3。

s-kkP5120095_1.jpg
面河渓ー4。

s-kkP5120101.jpg
面河渓ー5。

s-kkP5120027.jpg
面河渓ー6。 五色河原。 歩いて渓泉亭までやってきました。

s-kkP5120109.jpg
面河渓ー7。 蓬来渓。 どこへ行っても水はたいへんきれいでした。

s-kkP5120117.jpg
面河渓ー8。 面河渓の岸壁。

s-kkP5120037.jpg
面河渓ー9。  面河渓のほんの一部ですが堪能した後、石鎚スカイラインへ。

                          愛媛の旅の写真 園2へ  つづく

                           















  1. 2016/05/17(火) 06:20:25|
  2. 愛媛の旅
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

花、コケマクロの写真  2016.4.30

マクロレンズで写した写真他をお届けします。

s-kkP4240268.jpg
イカリソウ。 最初は白花のイカリソウから。

s-kkP4240347.jpg
ジュウニヒトエ。 日本産です。

s-kkP4240464.jpg
イワギリソウ。

s-kkP4280079.jpg
くもの巣の水玉。

s-kkP4290175.jpg
庭木に付いた水玉。

s-kkP4280052.jpg
クレマチスに付いた水玉。

s-kkP4290152.jpg
パンジーに付いた水玉ー1。

s-kkP4290108.jpg
パンジーに付いた水玉ー2。

s-kkP4280021.jpg
パンジーに付いた水玉ー3。

s-kkP4240716.jpg
コケと水玉ー1。

s-kkP4240491.jpg
コケと水玉ー2。 最近、コケを水槽の中で育て鑑賞するのが、はやっているとか。

s-kkP4280191.jpg
庭に咲いた白いペチュニアとパンジーの水玉写真をカメラ内合成したものです。

s-kkP4290017pp.jpg
畑の近くにいたキジ。 草むらで盛んに鳴いていました。 最近、借りた畑がいそがしく写真も滞りぎみなのであります。

s-kkP4240550.jpg
なっく。 知り合いのワンコです。 今日は、ごろすけの写真はお休みです。ごろすけは、4月の19日で満7歳になりました。今度、8種混合注射に連れて行かなければなりません。

ー追伸ーやっぱりごろすけの写真を。

s-kkP5020040.jpg
青いハーネス(胴輪)を買ってきてつけてみました。ごろは気に入らない様子。



                            花、コケマクロの写真    おわり









  1. 2016/05/01(日) 23:33:31|
  2. 花、山草の写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

takehiro77

Author:takehiro77
居住:神奈川県 湘南地区
性別:男性 趣味:写真、小旅行、温泉、山野草栽培

湘南のオリンパス愛好家です。よろしくどうぞ。

カメラ:
OLYMPUS E-300
OLYMPUS E-M1 MarkⅡ
OLYMPUS E-M5 MarkⅡ

レンズ:
    ZUIKO DIGITAL 14-54mm 1:2.8-3.5

FOUR THERDS ADAPTER MMF-3
PRAKTICAR PENTACON 50mm 1.8 auto
Kindai M42-FOUTHIRDS mount adapter

M.ZUIKO DIGITAL 12-40mm 1:2.8 PRO
M.ZUIKO DIGITAL 40-150mm 1:2.8 PRO
M.ZUIKO DIGITAL 60mm 1:2.8
M.ZUIKO DIGITAL 1.4X TELECONVERTER MC-14

風の吹くまま、気の向くまま、ときには一人で、ときにはごろすけと、ときには家族で、ときには仲間と近所や旅へ。

リンクはご自由に。



















   

カテゴリー

最近の記事

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

カレンダー

04 | 2016/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

最近のトラックバック

TreeComment_PD

 

TreeComment_PD

 

ツリートラックバック

ブログ内検索

RSSフィード