フォトログ 小旅 風草

日頃の写真、旅の写真

富士山・赤松林のきのこの写真 2015.9.27

金峰山にでも登りにと考えていた日曜日の早朝起きてみると雨のため、急きょ富士山へきのこを見に行ってきました。

s-P9270281.jpg
富士山の赤松林の中です。前回のきのこの写真は、4合目のコメツガ林でしたが、今回は1合目下の赤松林です。

s-P9270233.jpg
ホウキタケ。 小さいですが、写真的にバランスが良いので写してみました。

s-P9270200.jpg
ドクベニタケとスギヒラタケ。

s-P9270210.jpg
ショウゲンジ。 毎度おなじみのキノコです。

s-P9270140.jpg
ヒイロチャワンタケ。 橙色が森の中でかなり目立ちます。

s-P9270287.jpg
タマゴダケ。 こちらも毎度おなじみのキノコです。

s-P9270246.jpg
アブラシメジ。雨にあたってヌメリがいっそう出ています。

s-P9270253.jpg
ベニハナイグチ。

s-P9270348.jpg
キノボリイグチ。 コケが良い感じです。

s-P9270394.jpg
スギヒラタケ。おもしろい形で生えていました。

s-P9270378.jpg
マツタケ。歩くこと暫し、マツタケ発見。

s-P9270373.jpg
マツタケのアップ。

s-P9270401.jpg
赤松林から出てきた林の淵にノコンギクが可憐に咲いていました。

s-P9270020.jpg
スーパームーン前夜の月。 富士山から帰ってきた夜、中秋の名月が輝いていました。今日、28日は月と地球が今年最も接近し、見える月の大きさが最大になる「スーパームーン」だそうです。それでは。

         富士山・赤松林のきのこの写真     おわり






スポンサーサイト
  1. 2015/09/28(月) 13:41:13|
  2. 富士山の写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

小出川の彼岸花の写真 2015.9.21

藤沢、茅ヶ崎に流れる小出川に毎年、恒例となりました彼岸花の写真を写しに行ってきました。

s-P9210074_1.jpg
自宅から見た朝焼けの空。 彼岸花の色のようです。

s-P9210167.jpg
トンボ飛ぶ秋の空。

s-P9210089_1.jpg
小出川の彼岸花です。今年は咲きが少々早く9月21日ころには、盛りは過ぎていました。

s-P9210049.jpg
大山をバックに畑に咲くコスモス。

s-P9210080.jpg
彼岸花ー1。

s-P9210119.jpg
彼岸花ー2。

s-P9210095.jpg
彼岸花ー3。

s-P9220024.jpg
彼岸花ー4。

s-P9220094.jpg
彼岸花とアゲハチョウ。

s-P9220073.jpg
彼岸花と浮き草。 面白い形の浮き草が小出川を流れていきました。

s-P9220055.jpg
彼岸花と白萩。

s-P9210103.jpg
小出川横の柿の木でドラミングをしていたコゲラ。

s-P9210346.jpg
小出川横の畑に咲いたコスモスとクマバチ。 というわけで、連休で渋滞を避けた近所の写真でした。

                             小出川の彼岸花の写真    おわり





  1. 2015/09/22(火) 14:35:23|
  2. 茅ヶ崎の写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

富士山のきのこの写真 2015.9.14

富士山の富士スバルラインが9月15日より無料となりました。期間は平日のみで9月15日~11月末日まで、普通車が2060円、軽自動車が1640円のところ無料となりました。その1日前の9月14日にきのこを見にスバルラインへ。

s-P9140017.jpg
スバルラインからの南アルプス。 混雑を避けあえて無料の1日前の14日にやってきました。ねらいはツガマツタケのみでしたが、残念ながらこの日は発見できませんでした。

s-P9140020.jpg
南アルプスのアップ。 朝のうちはこの程度、見えていましたが、しばらくして全て雲の中に。

s-P9140031.jpg
ショウゲンジ。 毎度おなじみのキノコです。4合目から山のなかへ。

s-P9140041.jpg
ハナイグチ。 こちらもおなじみのキノコです。

s-P9140073.jpg
こちらは、おなじみではなく名前はわかりません。

s-P9140095.jpg
ヌメリササタケ。こちらも何度かアップしています。感想気味でヌメリはありませんでした。

s-P9140100.jpg
ウスタケ。 毒キノコですが、新しいものは写真的には面白いとおもいます。

s-P9140124.jpg
富士山の4合目上の森の中はこんな感じです。この日も、ガーミンetrex20を持参しましたが、足跡はばっちりでした。

s-P9140060.jpg
タマゴダケー1。 写真に写すには楽しいキノコです。名の通りタマゴの殻に包まれて。

s-P9140106.jpg
タマゴダケー2。 別のタマゴダケですが、少し伸びたところを。

s-P9140105.jpg
タマゴダケー3。 さらに伸びたタマゴダケ。 

s-P9140112.jpg
アイタケ。 こちらは、色が面白い。

s-P9140156.jpg
クロカワ。 なんだか黒くて汚らしく食べられそうもありませんが、炭火で焼いて醤油をたらして食べると酒のつまみには、絶品のキノコです。 

s-P9140159.jpg
オオキノボリイグチ。 暗い森の中でもわりと目に付くキノコです。

s-P9140145.jpg
コケ(オオスギゴケ)。富士山林床には、いろいろな種類のコケが生えていてキノコを包みこんでいます。ということで9月14日、通行料金無料前のスバルライン4合目の森の中の写真でした。

                               富士山のきのこの写真    おわり



  1. 2015/09/16(水) 17:23:50|
  2. 富士山の写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

初秋の尾瀬旅の写真 2015.9.4

初秋の尾瀬の写真 園3です。

s-P9040312.jpg
朝飯前の写真。 朝、激しく降っていた雨が小降りになったので、朝食(6:00)前に散歩に。

s-P9040011.jpg
鐘と東電小屋。 尾瀬にはところどころ熊よけと思われる鐘が設置されていました。

s-P9040352.jpg
木道脇に咲いていた、ウメバチソウ。 この後、宿に帰って朝食を。

s-P9040362.jpg
朝食後、外に出てみるとボッカさんが到着していました。と言うのは冗談で、我々の山仲間のボッカもどきさんです。中身を入れると70K近くになるということですが。

s-P9040367.jpg
小屋でお借りした背負子をおろし、小雨降る中、出発しました。

s-P9040426.jpg
小雨ふる初秋の尾瀬ヶ原。

s-P9040430.jpg
初秋の尾瀬ヶ原-2。

s-P9040443.jpg
初秋の尾瀬ヶ原ー3。 木道を歩きながら尾瀬の景色を楽しみつつ。

s-P9040449.jpg
尾瀬ロッジ。 山の鼻に到着しました。ここから鳩待峠へ。

s-P9040452.jpg
ボッカさんとすれ違いました。 

s-P9040497.jpg
鳩待峠から鳩待通りを登り昨日のアヤメ平にやってきました。ここで昼食を。

s-P9040520.jpg
アヤメ平から富士見峠に向かう途中の峠の景色。 この後、富士見峠より車道をぼちぼち下り富士見下の駐車場へ。そこから群馬の山の師匠の案内で、ほっこりの湯に入り疲れを癒したあとー道の駅:川場田園プラザでお土産を買いー利根沼田望郷ラインの赤城山側の河岸段丘を見学しー川場村歴史民族資料館のたんぼアートを見たあとー沼田インターを通り越し、17号線の全国的にも有名なモツ煮専門店の「永井食堂」に立ち寄り、自宅へ。

s-P9040033.jpg
利根沼田望郷ラインのビュースポット・赤城山側の河岸段丘。横にかなり広く不思議な景色でした。

s-P9040051.jpg
川場村歴史民族資料館に到着。そこから少し歩いたつり橋上より。

s-P9040059.jpg
つり橋(思い出橋)より見た、たんぼアート。日もだいぶ傾いてきました。このあと、永井食堂に向かい帰宅の徒に。

そういうことで40~45年ぶりの尾瀬行きでした。雨で当初予定していたテント泊はできませんでしたが、シーズンの合間、静かな尾瀬を堪能できました。
   
                                 初秋の尾瀬旅の写真      おわり









  1. 2015/09/10(木) 18:27:22|
  2. 福島、群馬、新潟の写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

初秋の尾瀬の写真 園2 2015.9.3

初秋の尾瀬の写真 園2です。 牛首分岐より東電小屋へ。

s-P9030250.jpg
池塘を覗いて。

s-P9030267.jpg
地塘のヒツジグサ。

s-P9030269.jpg
尾瀬のαの木。 

s-P9030276.jpg
ヨッピ川。 東電小屋近くまでやってきました。私の山仲間はさっさと小屋まで行きお風呂に入っていることでしょう。ここで尾瀬に咲いていた花のいくつかを。

s-P9030088.jpg
イワショウブ。 今の時期一番目につきます。

s-P9030247.jpg
イワショウブの実。 けっこう綺麗で目に付きます。

s-P9030280.jpg
トモエソウ。 一輪咲いていました。

s-P9030282.jpg
エゾリンドウ。 秋の山野草の定番です。

s-P9030235.jpg
サラシナショウマとハンゴンソウ。

s-P9030186.jpg
サワギキョウ。

s-P9030222.jpg
オゼミズギク。

s-P9030284.jpg
やっと見えた東電小屋。 今日はここで一泊です。

s-P9030292.jpg
いらっしゃいませ!と気さくなここの支配人さんが。 私が付いたときには、山仲間二人はすでにお風呂から上がりビールを一杯飲んでいたのでした。 ここのお風呂は環境保護のため、石鹸、シャンプーの類は使えませんが、疲れを癒すには十分です。

s-P9030297.jpg
東電小屋の夕食。 手前に写っている味噌汁がたいへんおいしかったです。東電小屋の印象ですが、山小屋というより、山荘といった感じで、きさくな支配人に料理、部屋、布団ともたいへんよかったです。

                            初秋の尾瀬の写真 園3へ    つづく





  1. 2015/09/06(日) 17:33:05|
  2. 福島、群馬、新潟の写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

初秋の尾瀬の写真 園1  2015.9.3,4

9月3日から4日にかけて1泊2日で山仲間3人で尾瀬トレッキングに行ってきました。
コース:9/3 富士見下ー富士見峠ーアヤメ平ー竜宮分岐ー竜宮十字路ー牛首分岐ーヨッピ吊橋ー東電小屋(泊)
     9/4 東電小屋ーヨッピ吊橋ー牛首分岐ー山ノ鼻ー鳩待峠ーアヤメ平ー富士見峠ー富士見下。

s-P9030005.jpg
富士見下に車を止め車道を富士見小屋まで登ってきました。当初、見晴でテント泊を予定していましたが、この日の夜はかなりの雨が降る予想だったため、急きょ予約を要れ東電小屋泊に。

s-P9030013.jpg
ドイツから来たお客さん。ブログOKということで、富士見小屋のはっぴを着てご登場頂きました。今期はこの日で富士見小屋を閉めるということでした。この後、アヤメ平を見に行くことに。

s-P9030025.jpg
アヤメ平に行く途中の沼。

s-P9030030.jpg
燧ケ岳を見るビューポイント。

s-P9030056.jpg
アヤメ平からの景色。 草紅葉にはもう少し先でした。

s-P9030100.jpg
竜宮小屋。 竜宮十字路まで下りてきました。 ここから牛首分岐までぶらぶらと。

s-P9030103.jpg
小川のヒツジグサ。

s-P9030110.jpg
初秋の尾瀬ヶ原。 夏は終り、紅葉にはまだ早いため人はあまりいませんでした。

s-P9030135.jpg
初秋の尾瀬ヶ原ー2。今頃の季節は混雑もなく落ち着いています。

s-P9030139.jpg
初秋の尾瀬ヶ原ー3。イワショウブの白い花がぽつぽつと一面に。

s-P9030167.jpg
初秋の尾瀬ヶ原ー4。手前はヒツジグサ、赤い色はナナカマドの紅葉です。

s-P9030173.jpg
初秋の尾瀬ヶ原ー5。 角度をかえて。PLフィルターを使えばよかったかもしれません。

s-P9030180.jpg
初秋の尾瀬ヶ原ー6。 尾瀬の木道。 至仏山を望む。

s-P9030233.jpg
草の波。 ちょっと面白いので写してみました。

                                   初秋の尾瀬の写真  園2へ     つづく







  1. 2015/09/05(土) 18:00:02|
  2. 福島、群馬、新潟の写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

takehiro77

Author:takehiro77
居住:神奈川県 湘南地区
性別:男性 趣味:写真、小旅行、温泉、山野草栽培

湘南のオリンパス愛好家です。よろしくどうぞ。

カメラ:
OLYMPUS E-300
OLYMPUS E-M1 MarkⅡ
OLYMPUS E-M5 MarkⅡ

レンズ:
    ZUIKO DIGITAL 14-54mm 1:2.8-3.5

FOUR THERDS ADAPTER MMF-3
PRAKTICAR PENTACON 50mm 1.8 auto
Kindai M42-FOUTHIRDS mount adapter

M.ZUIKO DIGITAL 12-40mm 1:2.8 PRO
M.ZUIKO DIGITAL 40-150mm 1:2.8 PRO
M.ZUIKO DIGITAL 60mm 1:2.8
M.ZUIKO DIGITAL 1.4X TELECONVERTER MC-14

風の吹くまま、気の向くまま、ときには一人で、ときにはごろすけと、ときには家族で、ときには仲間と近所や旅へ。

リンクはご自由に。



















   

カテゴリー

最近の記事

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

カレンダー

08 | 2015/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

   

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

最近のトラックバック

TreeComment_PD

 

TreeComment_PD

 

ツリートラックバック

ブログ内検索

RSSフィード