フォトログ 小旅 風草

日頃の写真、旅の写真

御岳山、大岳山登山の写真 園2 2011.2.26

御岳山、大岳山登山の写真 園2です。

s-P2269086.jpg
大岳山山頂。 そして大岳山に到着。 10:40

s-P2269089.jpg
大岳山山頂から見た富士山。ここで山の会恒例となりました豚汁を暖めて早めの昼食を。

s-P2269099.jpg
大岳山山頂から見た山なみ。

s-P2269101.jpg
春に向かって。山頂に生えていた木。

s-P2269124.jpg
帰り道。これは、大岳山を下りロックガーデンへの道を分けて下りてくところの写真です。溶け出した雪はかなり滑りやすく慎重に下りてゆきました。 13:29

s-P2269133.jpg
綾広の滝。この滝は、別名<修行みそぎの滝>と言い古くから御嶽神社のみそぎの行事に使われていたそうです。

s-P2269136aa.jpg
これは<お浜の桂>と言う木です。 13:34

s-P2269145.jpg
ロックガーデンの途中に天狗岩と言う登ることができる大きな岩があり、その岩にはっていた木の根っこです。

s-P2269151.jpg
天狗岩の頂上で天狗の頭をなでる山なかま。

s-P2269157.jpg
七代の滝。 

s-P2269160.jpg
と言うことで御岳山の下まで戻ってきました。 15:17

s-P2269168.jpg
御嶽神社の下の家に置かれていた樽と原乳缶。

s-P2269174.jpg
朝登り初めに写したわらぶき屋根の宿坊に戻ってきました。 15:29

s-P2269179.jpg
帰りのケーブルカーの車内です。15:43 そしてこの後、奥多摩湖のもえぎの湯に立ち寄り山登りの疲れをいやし、帰宅の徒につきました。前回来た時は秋でした。次回は、レンゲショウマが咲き誇る季節にまた来たいものです。
             
                          御岳山、大岳山登山の写真  おわり


にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ
にほんブログ村

今回のユーチューブは、村下孝蔵さんの<この国に生まれてよかった>をはりつけてみました。このほかに村下さんの<踊り子>が私はすごく気に入っています。




<この国に生まれてよかった>から<踊り子>を聞いた後、再び戻るには右下のWatch on YouTubuをクリックし右側サイトの一番下の(もっと見る)をクリックし出てきた<この国に生まれてよかった>をクリックしてください。





スポンサーサイト

テーマ:写真日記 - ジャンル:写真

  1. 2011/02/27(日) 18:17:24|
  2. 山の写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

御岳山、大岳山の山登りの写真 園1 2011.2.26

奥多摩の御岳山~大岳山へ登りに行ってきました。 自宅を朝4時頃出発し途中仲間と合流し6:30頃ケーブルカーの乗車駅、滝本駅に到着。

s-P2269016.jpg
御岳山にはこの御岳登山鉄道のケーブルカーを利用しました。 7:27

s-P2269025.jpg
7:37ころ御岳山駅に到着。そこの展望台より。

s-P2269026.jpg
御岳山駅です。ここから大岳山に向け7:40ころ歩き出しました。今日は会社の山登り仲間6名で。

s-P2269027.jpg
ある宿坊のわらぶき屋根。

s-P2269036.jpg
宿坊のわらぶき屋根。谷とよに雪が残っていました。

s-P2269046.jpg
神代ケヤキに到着。 7:58 この木は国の天然記念物に指定されています。

s-P2269050.jpg
武蔵御嶽神社に到着。 8:00

s-P2269055.jpg
神社にあった鎌倉時代に鎌倉武士の典型と称された、畠山重忠公の騎馬像。 御岳山から大岳山へ行く道は鍋割山経由、七代の滝があるロックガーデン方面とその真ん中の尾根道を行くコースがあります。真ん中の道を行くのが一番楽なようで以前行ったときはこの道でしたが、今回は山登りの会ということで、鍋割山経由の道を。ロックガーデンへの道は帰りに通ることにしました。

s-P2269059.jpg
天狗の腰掛杉に到着。 8:24 

s-P2269062.jpg
行く途中の山道には、このような鎖場もあります。雪の状態ですが、ところどころに雪がまだ残っており、アイゼンが無くてもなんとか登れるようでしたが、たいへん滑りやすくアイゼンをつけたほうが安全で疲れず快適に登る事ができました。 アイゼンですが、4本爪の軽アイゼンを使用しましたが、6本爪くらいのほうがよさそうでした。

s-P2269064.jpg
奥の院に到着。 9:09

s-P2269079.jpg
鍋割山に登ったあとの下りから大岳山に向けて登り返す道です。 このへんは雪がまだ残っており、ここよりもっと急なところでは、アイゼン無しの場合、登りより帰りの下りにかなりの神経を使わなければならないようでした。危ないところは、しかたがないので少々上のほうへ高巻きを。

               御岳山、大岳山の山登りの写真 園2へ  つづく


にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ
にほんブログ村












テーマ:写真日記 - ジャンル:写真

  1. 2011/02/27(日) 12:07:57|
  2. 東京の写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

第5回小出川桜まつりの写真 2011.2.19

茅ヶ崎の小出川桜まつりに河津桜の写真を写しにでかけてきました。

s-P2198893.jpg
この会場に着いてみると桜(河津桜)はほとんど咲いていませんでした。その中から何とか咲いている枝先を写して見ました。満開はあと1週間~10日後くらいになりそうです。それと今日は、桜が咲いてない上に、同じ茅ヶ崎で桑田佳祐復活祭が開かれるということで、人出も例年の半分以下と言うことでした。

s-P2198916.jpg
そこに元気にやってこられたのは歌手の斉藤吉明さんです。ただいま打ち合わせ中です。

s-P2198940.jpg
山形出身で持ち歌は<最上恋歌>です。いつもかわらぬ気さくな人です。

s-P2198957.jpg
今日も、元気いっぱい絶好調でした。最近、新曲で<ふるさと小唄>をだしたそうです。

s-P2198960.jpg
お子さんからバラの花を受け取る斉藤さんです。

s-P2198977.jpg
桜の木に来たメジロ。斉藤さんの歌を1時間あまりお聞きしたあと川の周囲をぶらぶらと。

s-P2198983.jpg
川の淵に目をやるともうタンポポが。青い花のオオイヌノフグリも咲き出していました。

s-P2198989.jpg
つるし雛。河津桜と言うとつるし雛がつきもののようできれいに飾られていました。本場の伊豆稲取付近でも今頃たくさんきれいに飾られていることでしょう。

s-P2198995.jpg
そして前ページでご紹介した小出川上流のチビヤギのところへまたやってきました。チビヤギも少々寒いですが元気でした。

s-P2199014.jpg
最後に桜祭りで購入した茅ヶ崎養護学校の生徒さん達が作った織部の一輪指しを自宅のテーブルに置いて写真を一枚写してみました。さて、どんな花をどんなふうに。
       
                      茅ヶ崎 小出川 桜まつりの写真   おわり  


にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ
にほんブログ村









テーマ:写真日記 - ジャンル:写真

  1. 2011/02/20(日) 17:57:07|
  2. 茅ヶ崎の写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今日の近所の写真 2011.2.13

今日、2月13日に飯盛山へ行ったら一昨日、昨日と雪が降り、すばらしい景色を堪能できたことでしょう。しかし、そうそう行くわけにも行かず、自宅付近を、うろうろと。

s-P2137719.jpg
いつものようにごろすけを連れ、いつもの高台より日の出の写真を。

s-P2137735.jpg
今日の朝は、路面も一面凍結し、雪と霜で真っ白でした。

s-P2137782.jpg
霜笹ー1。

s-P2137788.jpg
霜笹ー2。

s-P2137835.jpg
そして一面霜のエノコロ草の原っぱです。

s-P2137868.jpg
霜エノコロー2。

s-P2137826aaa.jpg
霜エノコロー3。

s-P2137859aa.jpg
霜エノコロー4。 エノコロ草、いわゆるネコジャラシです。私は、霜が降りると、どこか面白いので、よくこの草を写しに近所の原っぱにでかけます。

s-P2137940.jpg
からし菜です。ごろすけの散歩の後、もう少し近所の川辺をぶらぶらと。この株はもう少しで花が咲きそうですが、まだのものを漬物用に摘んできました。今の時期、川辺のいたるところに生えています。

s-P2137968.jpg
川岸にチビヤギがつながれていました。

s-P2137953.jpg
たいへんかわいいチビヤギです。 このあと家に戻りました。

s-P2127698.jpg
そしてあくびをするごろすけ。

s-P2127700.jpg
ごろすけはこんな顔になると昼寝の時間です。
 
                      今日の近所の写真   おわり



にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ
にほんブログ村









テーマ:写真日記 - ジャンル:写真

  1. 2011/02/13(日) 18:54:37|
  2. 藤沢の写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

小海線と川上犬の写真 2011.2.6

2011年の2月6日の日曜日、野辺山の飯盛山に登った後、川上犬を見に川上村へ。

s-P2067536.jpg
野辺山駅から川上村に行く途中の踏み切りで、やってくる小海線の電車を連続で写して見ました。

s-P2067537.jpg
小海線ー2。 10:36;24

s-P2067538.jpg
小海線ー3。

s-P2067539.jpg
小海線ー4。

s-P2067540.jpg
小海線ー5。

s-P2067579.jpg
そして川上村役場にやってきました。そのとなりの森の交流館に川上犬はいました。 川上犬のことを後ほど調べましたところ、長野県南佐久郡川上村に伝わり育成されている小型(体重10kg)日本犬の一種で、ニホンオオカミの血が流れている柴犬(信州柴)の一種ということで長野県の天然記念物にしていされている。また、たてがみを所有する犬もいる。ということです。

s-P2067542.jpg
順次、川上犬を写していきました。  

s-P2067575.jpg
この犬を呼んでみたところ人なつっこくすぐに飛んできました。なにかごろすけに似ているところがあります。

s-P2067549.jpg
この犬はクロちゃんですか。

s-P2067550.jpg
この犬は、オオカミみたいです。

s-P2067552.jpg
この子は、最初から最後まで泣き止みませんでした。川上犬もいろいろ性格があるようです。

s-P2067557.jpg
この犬は、一番ごろすけに似ていました。 ここでごろすけの祖先は、ごろすけはどこからやって来たのだろうかと考えました。南アルプスだろうか、それともここ川上村の近所だろうか。

s-P2067623.jpg
川上犬を見ていたらごろすけのことが頭に浮かび家に帰ることにしました。野辺山駅に戻ったときに写したSLのC56です。駅前に展示してありました。

s-P2067595.jpg
最後に野辺山駅に入った小海線の電車の写真で今回の旅写真の終わりといたします。もう一雪降ったとき、このあたりは、またすばらしい写真が撮れることでしょう。

            2011.2.5~6  野辺山の旅の写真  おわり



にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ
にほんブログ村





















テーマ:写真日記 - ジャンル:写真

  1. 2011/02/10(木) 19:24:50|
  2. 長野、山梨の旅
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

湯川の氷壁の写真 2011.2.5

湯川の氷壁の写真をお届けします。その前にこの場所への行き順をご説明いたします。ルート141号線を小諸方面に向け野辺山を過ぎ、しばらく行くと連続した下り坂となります。そして海ノ口を通り過ぎた左側に緑色の陸橋が見えてきます。その陸橋が終わるあたりに灯明の湯の小さな看板が出ているところの細い道を左折し、案内に従い灯明の湯へ行き、そこから山沿いの道をのぼって行きます。その道沿いの車が止められる任意の場所に車を止めて、歩いて行きしばらくして左側に湯川の氷壁が見えてきます。最近、長野新聞にその写真が掲載されたため、人出がふえています。

s-P2058875.jpg
ここがこのサイトでまいどおなじみになりました湯川の氷壁です。今回は、この氷壁の氷のオブジェの写真を。

s-P2057354.jpg
氷ー1。
 
s-P2057326.jpg
氷ー2。 前の写真の左側のアップです。

s-P2057241.jpg
氷ー3。

s-P2057257.jpg
氷ー4。

s-P2057295.jpg
氷ー5。

s-P2058854.jpg
氷ー6。

s-P2057302.jpg
氷ー7。

s-P2057355.jpg
氷ー8。

s-P2057242.jpg
氷ー9。

s-P2057395.jpg
氷ー10。

 続いて湯川の赤い川の写真を二つ。 この湯川は赤い川です。
s-P2057405.jpg
赤い川ー1。

s-P2058809赤い川
赤い川ー2。
                          次は、小海線を少しと川上犬の写真です。













テーマ:写真日記 - ジャンル:写真

  1. 2011/02/09(水) 20:05:56|
  2. 長野、山梨の旅
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

冬の飯盛山 園2 2011.2.5~6

冬の飯盛山の写真 園2です。

s-P2058759.jpg
飯盛山山頂。 1時間ちょっとで登ってこられ、雪山気分も少々味わうことができ、これほどの展望が得られる山はなかなか無いように思いました。

s-P2058771.jpg
富士山と飯盛山。 8:23

s-P2058779.jpg
そしてもときた道を下山開始です。局長さんから少しはなれ写真を一枚。この日は、朝方吹いていた風もやみ本当に良い天気となりました。局長さんには、ここから見える山々や、この周辺のことをいろいろ教えていただきました(野辺山より少し先の川上村の千曲川源流や天然記念物の川上犬など)。

s-P2058782.jpg
そして平沢峠の駐車場まで下りてきました。 9:09

s-P2058785.jpg
飯盛山登山口にある案内板です。この平沢峠に来るにはルート141号線を清里から小諸方面に向かって野辺山駅まできたほうがわかりやすいです。もっとも解りやすいのは小諸方面からルート141に車を走らせ野辺山駅方面に直進し、駅を左手にみて通り過ぎまっすぐ直進しT字路に突き当たったら右折し坂道をのぼります。その登りきったところに駐車場があります。右折するところに飯盛山の看板がありますが、暗いうちはわかりにくいです。このT字路正面に野辺山レーシングクラブがあります。
このあと、局長と別れ湯川の氷壁を見に行ったのですが、次の日の2月6日の日曜日にまたこの山に登った写真を。

s-P2067430.jpg
朝焼けの八ヶ岳。昨日みれなかった赤く焼けた八ヶ岳をみたくてまたのぼってきました。しかし今日も少々おくれました。 6:45

s-P2067446.jpg
朝焼けの富士山。今日の日曜日は、風が強く視界が今ひとつでした。

s-P2067492.jpg
風が少々強いので早々に下山しました。

s-P2067499.jpg
下山途中に見た野辺山の景色。 7:48

s-P2058801.jpg
野辺山の風景。この日の日曜日は、このあと前日の土曜日に局長さんに伺った千曲川源流はまたの機会にし、もう一つのお話のなかの川上犬を見に川上村へ。

      次は話は前後しますが、2月5日の湯川の氷壁の写真です。



にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ
にほんブログ村









テーマ:写真日記 - ジャンル:写真

  1. 2011/02/07(月) 16:16:53|
  2. 長野、山梨の旅
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

冬の飯盛山の写真 園1 2011.2.5~6

雪の写真を求め野辺山周辺へ行ってきました。野辺山の飯盛山と湯川の氷壁と小海線と川上犬の写真を順次お届けします。s-P2058680.jpg
前日の金曜日の午後5時ごろ自宅をでて途中車中泊し、野辺山のしし岩のある平沢駐車場に朝5時ころやって来ました。平沢駐車場から写した夜明け前の八ヶ岳です。 5:59 ここから飯盛山へ登る予定でしたが、風があり山の上はガスっていたため躊躇していました。

s-P2058681.jpg
そこへ地元のかたがやってこられ、これから登るということで私もご一緒させて頂きました。登山途中に写した富士山です。 6:47 

s-P2058685.jpg
登山途中から右が甲斐駒、左が北岳です。6:49

s-P2058692.jpg
朝の八ヶ岳です。残念ながら朝焼けには間に合いませんでしたが、すばらしい景色です。 7:00 この飯盛山は、例年ですとスノーシューで登って行く人を見かけますが、今年は雪が極端に少なく、カンジキを用意してきたのですが、普通のトレッキングシューズでアイゼン無しで十分でした。
 
s-P2058705.jpg
飯盛山から見た甲斐駒ケ岳のアップです。 7:10 駐車場から頂上まで途中写真を撮りながら来ましたがほぼ1時間ちょっとくらいでした。

s-北岳aa
北岳のアップです。我が群馬の師匠は昨年の暮れから今年の正月にかけて登ったということですが、私としては、(北岳は遠くにありて写すもの)といった感じです。 7:11

s-P2058715.jpg
またまた富士山ですが、刻一刻と感じが変わってきます。ここからの富士は実に優美です。 7:34

s-P2058741.jpg
浅間山です。この飯盛山は牛の牧場(平沢牧場)となっていて牛が出ないように鉄条網が張り巡らされています。

s-八ヶ岳aa
飯盛山山頂から見た八ヶ岳。この山には初めて登ったのですが、これほどすばらしい展望が広がっているとは思いませんでした。このほかに、瑞牆山、金峰山他たくさんの山々をみることができました。またご一緒させて頂いたかたは、地元の郵便局の局長さんということでもうすぐ来る定年を期に、ぼちぼち山登りを始めているとのことでした。
              冬の飯盛山の写真 園2へ つづく



にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ
にほんブログ村

テーマ:写真日記 - ジャンル:写真

  1. 2011/02/07(月) 11:38:05|
  2. 山の写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

takehiro77

Author:takehiro77
居住:神奈川県 湘南地区
性別:男性 趣味:写真、小旅行、温泉、山野草栽培

湘南のオリンパス愛好家です。よろしくどうぞ。

カメラ:
OLYMPUS E-300
OLYMPUS E-M1 MarkⅡ
OLYMPUS E-M5 MarkⅡ

レンズ:
    ZUIKO DIGITAL 14-54mm 1:2.8-3.5

FOUR THERDS ADAPTER MMF-3
PRAKTICAR PENTACON 50mm 1.8 auto
Kindai M42-FOUTHIRDS mount adapter

M.ZUIKO DIGITAL 12-40mm 1:2.8 PRO
M.ZUIKO DIGITAL 40-150mm 1:2.8 PRO
M.ZUIKO DIGITAL 60mm 1:2.8
M.ZUIKO DIGITAL 1.4X TELECONVERTER MC-14

風の吹くまま、気の向くまま、ときには一人で、ときにはごろすけと、ときには家族で、ときには仲間と近所や旅へ。

リンクはご自由に。



















   

カテゴリー

最近の記事

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

カレンダー

01 | 2011/02 | 03
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 - - - - -

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

   

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

最近のトラックバック

TreeComment_PD

 

TreeComment_PD

 

ツリートラックバック

ブログ内検索

RSSフィード