フォトログ 小旅 風草

日頃の写真、旅の写真

長野の旅(高ボッチ、鉢伏山)2004.7.26

高ボッチ山。その名がユニークで以前より興味があったので、出かけてみることにしました。マイカーで中央高速を利用した1泊2日の旅です。高ボッチ牧場のあざみ

中央高速をおり、高ボッチスカイラインで高ボッチ牧場へ。<あざみの原>高ボッチ牧場の牛

あたり一面、霧が立ち込めほとんど何も見えませんでしたが、そのはれまに、丘の上の牛が見えました。 続きを読む
スポンサーサイト

テーマ:写真日記 - ジャンル:写真

  1. 2007/09/08(土) 16:53:53|
  2. 長野、山梨の旅
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

長野の旅(八島ヶ原湿原、白樺湖)2004.7.27

翌朝、R67~R194(霧が峰東餅屋線)で、八島ヶ原湿原へ。kiri

R67号線の峠より<霧の朝>あざみの歌の歌碑

八島ヶ原湿原の入り口にある(あざみの歌)歌碑です。この曲は、八州秀章作曲の歌で、作られた順に、神奈川県逗子海岸にある(桜貝の歌)、(あざみの歌)、北海道阿寒湖の(まりもの歌)があり、それぞれ歌碑が建っています。 続きを読む

テーマ:写真日記 - ジャンル:写真

  1. 2007/09/08(土) 19:58:28|
  2. 長野、山梨の旅
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

冬の小海線付近の旅 園1(2007.1.29)

紅葉の季節も過ぎ、冬がやってきました。今回は、今年1月29日、30日に行った八ヶ岳、小海線周辺の写真を、お届けします。家を朝3:00頃出発し、まだあたりは暗いうちに中央高速の須玉インターを下り、清里ライン(R141)を走っていきました。八千穂高原線
清里、野辺山と暗い中走って行きましたが、あたりに雪があまりないようなので、いっきに八千穂高原まで行きました。R114~R299で八千穂高原へ。
八千穂高原の白樺林
有名な八千穂高原の白樺林です。
カラマツの霧氷
R299のレストハウスふるさと手前から写した、カラマツの霧氷です。
ふるさとの森のカラマツ林
R299~R480へ。レストハウスふるさと下から見た霧氷のカラマツ林。 
稲子林道
R480から稲子湯温泉へ行く林道へ入ってすぐに見える景色です。正面に天狗岳がみえます。
天狗岳
稲子湯林道から見える天狗岳です。朝焼けを写しに、明日またくる予定です。
八岳の滝
稲子道から稲子湯温泉にくだる途中にある、八岳の滝より。凍る八岳の滝1 普段は道から5分ですが、冬は雪にもぐり少々疲れます。スノーシューがあれば、ここの他いろいろな所へ行けて写真の幅が広がるでしょう。
八岳の滝2
氷のオブジェ 凍る八岳の滝2
八岳の滝3
凍る八岳の滝3
 冬の小海線付近の旅 園1 おわり 次は園2へ。


 FC2 Blog Ranking←ブログランキングに参加中です。もしよろしければ一押!お願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ←ブログ村にも参加しました。







テーマ:写真日記 - ジャンル:写真

  1. 2007/12/21(金) 19:32:05|
  2. 長野、山梨の旅
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

冬の小海線付近の旅 園2(2007.1.29)

冬の小海線付近の旅 園2です。稲子道から稲子湯の前を通り松原湖方面へ下りて行きました。冬の小海線
1月終わりですが雪が少ないです。冬の小海線
千曲川を行く
千曲川を渡る小海線の電車
雪原1
R141の板橋から信濃川上駅方面に入っていきました。雪原1
雪原2
光る雪原2
残月
赤岳と残月
赤岳
徐々に日が傾いてきました。野辺山付近からよくみえる赤岳です。
冬の落日
夕日に照らされて小海線の電車がやってきました。<冬の落日> それでは、また明日。
 つぎは、冬の小海線の旅 園3にまいります。

FC2 Blog Ranking←ブログランキングに参加中です。もしよろしければ一押!お願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ←にほんブログ村ランキングにも参加しました。










テーマ:写真日記 - ジャンル:写真

  1. 2007/12/21(金) 21:58:01|
  2. 長野、山梨の旅
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

冬の小海線付近の旅 園3(2007・1・30)

冬の小海線付近の旅 園3です。  次の日の早朝、天狗岳の朝焼けの写真が目的で、昨日行った稲子道入り口へ行きました。
稲子黎明1
車の中でしばらく待っていると、東の空がだんだん明るくなってきました。かなり寒いです。カメラの防寒は特にしませんでしたが、予備バッテリーはポケットの中に入れ暖めていました。<稲子黎明・1>
稲子黎明2
<稲子黎明・2>
天狗岳の朝焼け
朝焼けの東天狗岳
天狗岳2
朝焼けは、すぐに終わってしまいます。朝の東天狗岳
硫黄岳と赤岳
朝の硫黄岳と赤岳
浅間山
稲子道を下らずレストハウスふるさとへ。佐久平と浅間山
光る白樺林
レストハウスふるさとからRー480をくだり小海リエックススキーバレーに立ち寄りました。リエックス・クラブ入り口 光る白樺林
森の教会
<森の教会>リエックス・クラブ内にある教会です。浅間山をバックに。


FC2 Blog Ranking
←ブログランキングに参加中です。もしよろしければ一押!お願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ←ブログ村にも参加しました。













テーマ:写真日記 - ジャンル:写真

  1. 2007/12/25(火) 12:42:30|
  2. 長野、山梨の旅
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

冬の小海線付近の旅 園4

冬の小海線付近の旅 園4です。 松原湖からR-141を清里方面に少し戻り、灯明の湯から湯川の氷壁をめざしました。この灯明の湯ですが、帰りに入ろうと思ったところ冬は土、日のみ営業となっていました。灯明の湯
灯明の湯です。このとき入れなかったので今年の夏に入りにきました。
八ヶ岳
上の写真の赤いショベルカーのうえに道がありここから八ヶ岳がみえる方向に湯川の氷壁があります。車で途中まで行き適当なところで車を止めてあとは歩いていきました。行く途中に写した八ヶ岳(赤岳)。
湯川の氷壁1
歩いて20分程で氷壁に到着しました。氷壁は3ブロックに分かれてありますが、正面にある氷壁です。
氷壁2
このとき時間は10:58で、日があたっているところの氷は融けはじめていました。
氷壁3
次は湯川に沿った左側の氷壁です。
氷壁4
氷壁の下
氷壁5
上の写真のアップです。このあたりに撮影に行くには、普通の長靴でもよいですができれば、すべりどめ(軽アイゼンなど)をつけていると安心です。また車は、チェーンかスタッドレスが必要です。道は氷壁まで行っていますが、皆の迷惑になる(雪で細くなった林道)ため、途中にとめて歩くほうがよいようです。
  小海線付近の旅 園5に続きます。


FC2 Blog Ranking←ブログランキングに参加中です。もしよろしければ一押!おねがいします。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 シニア日記ブログへ←ブログ村も参加しました。








テーマ:写真日記 - ジャンル:写真

  1. 2007/12/28(金) 22:16:24|
  2. 長野、山梨の旅
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

takehiro77

Author:takehiro77
居住:神奈川県 湘南地区
性別:男性 趣味:写真、小旅行、温泉、山野草栽培

湘南のオリンパス愛好家です。よろしくどうぞ。

カメラ:
OLYMPUS E-300
OLYMPUS E-M1 MarkⅡ
OLYMPUS E-M5 MarkⅡ

レンズ:
    ZUIKO DIGITAL 14-54mm 1:2.8-3.5

FOUR THERDS ADAPTER MMF-3
PRAKTICAR PENTACON 50mm 1.8 auto
Kindai M42-FOUTHIRDS mount adapter

M.ZUIKO DIGITAL 12-40mm 1:2.8 PRO
M.ZUIKO DIGITAL 40-150mm 1:2.8 PRO
M.ZUIKO DIGITAL 60mm 1:2.8
M.ZUIKO DIGITAL 1.4X TELECONVERTER MC-14

風の吹くまま、気の向くまま、ときには一人で、ときにはごろすけと、ときには家族で、ときには仲間と近所や旅へ。

リンクはご自由に。



















   

カテゴリー

最近の記事

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

最近のトラックバック

TreeComment_PD

 

TreeComment_PD

 

ツリートラックバック

ブログ内検索

RSSフィード