フォトログ 小旅 風草

日頃の写真、旅の写真

神奈川アルプスへの誘い 園1 2009.3.15 

神奈川アルプスの写真をお届けします。そんな名前は聞いたことがない?・・・そう、今日私がつけました。(他の人がすでにつけているかもしれませんが。)今日は天気も良くそうつけたくなるほどすばらしい景色でした。

夜明け
今日は久々に天気が良いと言う予報だったので神奈川県山北町の大野山に言ってみることにしました。以前ここは、谷峨駅から登ったことがありましたが、登ったことをすっかり忘れていました。たぶんそのときは天気が悪く頂上から何も見えなかったため印象がなかったためと思われます。今回は車で行くことにしました。<夜明けの峠>  5:20

夜明け2
カーナビに大野山牧場をインプットし山の途中の大野山牧場の管理事務所まで登ってゆきました。そこから先は、ゲートが閉めてあり開門は午前6:00となっていました。その時に写した眼下の夜景です。 5:23

夜明け3
開門6:00となっていましたが、5:35頃ゲートを開けてくれました。私の他に写真の方が1名来ていました。  坂の途中から東の空を。 5:43

月
大野山頂上付近より月を写す。  5:48

日の出1
そうこうしているうちに、日が昇ってきました。日の出ー1。 5:53

日の出2
日の出の写真ー2  5:56

赤富士
東の空のあと西の方向を見ると少し赤く染まった富士山が見えました。 6:01

残月
大野山頂上より西の方角へ歩いてゆきました。 富士と残月  6:18
     神奈川アルプスへの誘い 園2へ つづく


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村←にほんブログ村ランキングに参加中です。



スポンサーサイト

テーマ:写真日記 - ジャンル:写真

  1. 2009/03/15(日) 20:45:02|
  2. 山の写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

神奈川アルプスへの誘い 園2

神奈川アルプス(大野山)への誘い 園2をお届けします。

南の景色
大野山頂上より南側の景色を写しました。 6:40

南斜面の木
上の写真の左下の木をレンズを70-300mmに交換し切り取ってみました。 6:43

丹沢湖
今度は北側に廻り、眼下に見える丹沢湖を写してみました。ここからは丹沢の山々が良くみえます。 6:51

カヤと富士
頂上より谷峨駅からの登山道(西側)へ少し降りた所から<富士とカヤト>。大野山は牧場に切り開く前は山がこのカヤにほとんど覆われていたとのことです。  7:33

谷峨俯瞰
大野山の谷峨駅方面登山道よりの景色です。  7:36

光る道
頂上に戻り今度は東方面へ。そこから見た光る海。  8:28

赤い枝
峠の下の赤く色づいた春の枝を写して見ました。  8:50

東の峠
頂上から300m下の駐車場より東方面の眺め。山北駅からの登山道を登りきったところからは右側方面(東)の風景となります。 この道の先端まで歩いて見に行くことにしました。 9:09

sakura
駐車場付近に咲いていた桜。  9:20
            神奈川アルプス 園3へ つづく

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村←にほんブログ村に参加中です。

テーマ:写真日記 - ジャンル:写真

  1. 2009/03/16(月) 19:06:18|
  2. 山の写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

神奈川アルプス(大野山)への誘い 園3 2009.3.15

神奈川アルプス(大野山)への誘い 園3をおとどけします。

神奈川アルプス
私はこの場所にきた時、ここはアルプスだ、神奈川のアルプスだと思いました。神奈川県に生まれ何十年もたっていますが、神奈川にもこんな雄大な景色があるとは思いませんでした。富士山の真下にある建物が大野山乳牛育成牧場です。その下の赤い屋根の建物が、今朝最初に訪れた牧場の管理事務所です。  10:10

松と富士
上の写真の場所より少し下った所より松の木をいれて富士山を写してみました。ここも良い場所です。こんど夜明けの頃や夕暮れ時にまた来て見たいと思います。  10:32

大野山牧場
神奈川アルプスを十分堪能したあと、大野山牧場に下りてきました。この看板の左に<まきば館>が建っています。そこの管理人さんに、この牧場の生い立ちやこの周りの花や野鳥の話などを聞かせていただきました。また牧場見学の許可を受け少し牧場内を見学しました。  11:06

牧場のフォーク
牧場内にあったフォーク。 11:12

牛
春の日を浴びてのんびりしている牛。放牧は4月より始まるそうです。放牧したときの牧歌的風景もたいへん良いとのことでした。ここの牛は幸せです。 11:15

里
ここから下におり右に道をとると良い景色があると管理人さんに教わり帰りがてら、いってみる事にしました。その途中の菜の花咲く春の道です。

茶畑と富士
おりる途中で道がわからなくなりこの場所に下りてきました。この場所は見覚えがあります。茶畑の下に東名高速道路がはしっています。そうここは、谷峨駅から大野山に登ってくる道です。12:40

東名と川
道の下までおりてきました。ここの左方向に谷峨駅があります。東名高速と川。この川は小田原にそそいでいる酒匂川の上流です。 12:58

谷峨駅
最後に、御殿場線の谷峨駅に立ち寄り帰宅の徒につきました。  13:23
        神奈川アルプス(大野山)への誘い   おわり
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村←にほんブログ村ランキングに参加中です。


テーマ:写真日記 - ジャンル:写真

  1. 2009/03/17(火) 20:06:26|
  2. 山の写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

雨の石割山の写真 園1 2009.5.30

昨年も行きましたが、今年も会社の人たちと山中湖・石割山へ行ってきました。

s-iyppP5307903石割階段
家を出たときから降り続いていた雨は、石割山の昇りのこの階段あたりにきたときには上がりました。

s-iyppP5307909石割山ー2
登山道の途中から。雨も上がり霧も晴れてきて山中湖が見えてきました。

s-iyppP5307920石割神社
石割神社に到着。8:15頃に上り始めここには9:00頃到着。

s-iyppP5307929霧の頂上
9:20ころ頂上に到着しましたが、頂上は霧に覆われていました。

s-iyppP5307927タニウツギ
石割山山頂のタニウツギ(ベニウツギ?)
s-iyppP5307956霧の頂上2
しばらく山頂で休憩をしていると霧がはれだし眼下に山中湖が見えてきました。
 
s-iyppP5307958下山
さらに晴れて富士山が見えることを期待しましたが、また霧が出てきたため、下山を開始しました。10:30  <晴れの日の写真は昨年5月23日に写したカテゴリー(長野、山梨の旅の3ページ目)を参照ねがいます。>  雨の石割山の写真 園2へ つづく


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村←ブログ村に参加中です。




テーマ:写真日記 - ジャンル:写真

  1. 2009/05/30(土) 21:02:41|
  2. 山の写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

雨の石割山の写真 園2 2009.5.30

雨の石割山 園2をお届けします。

s-iyppP5307971新緑の道
下山途中に新緑の道を写してみました。実にすがすがしい気分です。この周辺の山を歩くには、今がベスト・シーズンです。

s-iyppP5307980階段2
下ってきた階段。この階段は膝に堪えるのでゆっくりと。

s-iyppP5307984石割山登山口
石割山登下山口。

s-iyppP5307985上り口
そして車道までおりてきました。

s-iyppP5307987帰りの道
これからこの道を車を止めた(石割の湯)までぼちぼち歩いてゆきました。山に登らなくても温泉に入る前にこの道を散歩するだけでも気分がよいものです。しばしば立ち止まって深呼吸をしました。

s-iyppP5307988白い花
道路の左の山に咲いていた白い花。イワガラミでしょうか。このあと石割の湯に入りました。

s-iyppP5307993あやめ
石割の湯のあとまだ時間があるので忍野八海へ。そこに咲いていた黄色のアヤメ。

s-iyppP5307996忍野川
忍野川をバックにムラサキツユクサを。     雨の石割山の写真   おわり


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村←ブログ村に参加中です。      










テーマ:写真日記 - ジャンル:写真

  1. 2009/05/31(日) 06:57:09|
  2. 山の写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

南アルプス・地蔵ヶ岳の写真 2009.10.3~4

オベリスクで有名な鳳凰三山の一つ地蔵ヶ岳に登り写真を写してきました。

s-iyppPA035404ございし鉱泉
地蔵ヶ岳には御座石鉱泉側から登ることにし、前の日の金曜日に入り車中泊。朝6:00頃には一晩中降り続いていた雨はあがり御座石鉱泉の上に虹がでていました。

s-iyppPA035416山道
御座石鉱泉で登山届けを書き6:45ころ出発。初めはこんな道です。

s-iyppPA035428とりかぶと
登山道でトリカブトがきれいに咲いていました。

s-iyppPA035452山道2
晴れていたのは一時で途中から雨が降り出しました。

s-iyppPA035473つばくろ
そして燕頭山に到着。メタボにはここまでかなりきつい登りでした。ガイドにはここからはランラン気分の道と書いてあったのでひと安心です。

s-iyppPA035485サルオガセ1
ここはサルオガセが有名なので何枚か写真に撮ってみました。

s-iyppPA035490サルオガセ2
サルオガセの森。サルオガセは昔から仙人の食べ物とか漢方薬とかいろいろ言われています。深山幽谷に来たような独特の雰囲気をかもしだしています。

s-iyppPA035527山道3
そしてこのあとはガイドの言うとおりランラン気分の道に。ところどころに写真に写っているような赤い矢印やマークがつけてあり全体的に道はよく整備されています。

s-iyppPA035540木の観音
だれかいると思ったら枯れ木でした。見方によって観音様にもオバケにもみえます。

s-iyppPA035546鳳凰小屋テント
そしてやっとのおもいで鳳凰小屋に到着。写真を写しながらのメタボ・ユル登りのため7時間くらいかかりました。その横のキャンプサイトです。きれいに紅葉していました。

s-iyppPA035573月
今日は鳳凰小屋泊まりです。明日の天気を約束するようなきれいな月が出てきました。18:39消灯ですの掛け声とともに就寝。 南アルプス・地蔵ヶ岳の写真 その2へつづく。


にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村←ブログ村に参加中です。


テーマ:写真日記 - ジャンル:写真

  1. 2009/10/05(月) 11:36:12|
  2. 山の写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

takehiro77

Author:takehiro77
居住:神奈川県 湘南地区
性別:男性 趣味:写真、小旅行、温泉、山野草栽培

湘南のオリンパス愛好家です。よろしくどうぞ。

カメラ:
OLYMPUS E-300
OLYMPUS E-M1 MarkⅡ
OLYMPUS E-M5 MarkⅡ

レンズ:
    ZUIKO DIGITAL 14-54mm 1:2.8-3.5

FOUR THERDS ADAPTER MMF-3
PRAKTICAR PENTACON 50mm 1.8 auto
Kindai M42-FOUTHIRDS mount adapter

M.ZUIKO DIGITAL 12-40mm 1:2.8 PRO
M.ZUIKO DIGITAL 40-150mm 1:2.8 PRO
M.ZUIKO DIGITAL 60mm 1:2.8
M.ZUIKO DIGITAL 1.4X TELECONVERTER MC-14

風の吹くまま、気の向くまま、ときには一人で、ときにはごろすけと、ときには家族で、ときには仲間と近所や旅へ。

リンクはご自由に。



















   

カテゴリー

最近の記事

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

   

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

最近のトラックバック

TreeComment_PD

 

TreeComment_PD

 

ツリートラックバック

ブログ内検索

RSSフィード