フォトログ 小旅 風草

日頃の写真、旅の写真

春の野の花、山の花 園1

 寒さがつづく中、庭に福寿草の花の蕾が顔をだしてきました。ここで今まで近所や旅先で写した春の山野草の写真の中からいくつかをアップしたいと思います。
         セツブンソウ
                           節分草(せつぶんそう)strong>
       2月の25日に鎌倉の瑞泉寺へ梅の花の写真を写しに行ったときのものです。
       コケの中に、なかなかいい感じで咲いていました。 2006.2.25鎌倉瑞泉寺にて 
 

  s-P3270002<span style=ほとけのざ
" border="0" align="left"    仏の座(ほとけのざ
 どこにでもある花ですが、たまに非常にきれいに発色しているものがあります。
 2004.3.27 逗子披露山にて










 


          s-P3140009にりんそう1
                         二輪草(にりんそう                                                        この花は、上高地をはじめ各地に有名な群落がありますが、これは神奈川 逗子の披露山で写したものです。2004.3.27         s-P4200009にりんそう2
       この花も 二輪草ですが田貫湖へダイアモンド富士を写しに行ったときに 
その湖畔に咲いていたものです。 2007.4.20 田貫湖湖畔 
 
s-P4231094かんとうたんぽぽ2
            >(関東タンポポ) 

最近、西洋たんぽぽにおされて少なくなってきましたが、少し探せばまだ
けっこうあります。特徴は、西洋たんぽぽは、額が反り返り、日本産の関東
たんぽぽは反り返りません。 2004.3.27 逗子披露山

s-P4030025えいざんすみれ
              叡山菫(えいざんすみれ                             
比叡山にはえるスミレという意味だそうですが、各地にはえているらしく
この花は丹沢大倉で写したものです。早春に日がよく当たる暖かい
南斜面にこのんで生えています。 2006.4.3 丹沢 大倉


FC2 Blog Ranking←ブログランキングに参加中です。よろしければ一押!お願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ←ブログ村もよろしくお願いします。


スポンサーサイト

テーマ:写真日記 - ジャンル:写真

  1. 2008/01/18(金) 14:02:23|
  2. 花、山草の写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

春の野の花、山の花 園2

春の野の花、山の花 園2をお届けします。 
s-P4030007ひとりしずか
               一人静(ひとりしずか  
この花の由来は、源義経の愛妾、静御前からきていると言われています。毎年、4月の第2日曜日、鎌倉まつりの初日に鶴岡八幡宮の舞殿で(静の舞)がとりおこなわれます。平成15年の4月13日に、この(静の舞)を見に行った時のことです。まずこの舞殿でミス鎌倉のお披露目があり、しばらくして(静の舞)となりました。この年の踊り手は、花柳流の花柳花人さんでした。金の烏帽子をかぶり登場し、しばらく舞ったあと、烏帽子をはずしました。写真的にはかぶっていたほうが良いと思いましたが、そのあとの踊りは非常にダイナミックかつスピーディーで非常にすばらしく、日本舞踊などまったくわからない私ですが、写真を撮るのも忘れただ魅入っていました。このとき”はっ”となりました。この花の(一人静)の由来とは、静の舞の回転している姿なのだとはじめてきがつきました。その後、毎年春になってこの花を見るたびあの時の情景がおもいおこされるのです。 2004.4.3 丹沢 大倉にて 
ー追ー
     しずやしず しずのおだまき繰り返し 昔を今に なすよしもがな
     
     吉野山 峰の白雪踏み分けて いりにし人の あとぞ恋しき    
 

s-P4231088一輪草
                一輪草(いちりんそう
この花は、清楚でたいへんきれいです。私の家の近所に自然の群落があります。2005・4・23 神奈川県 藤沢市にて 


        s-P4200008じろぼうえんごさく
                 次郎坊延胡索(じろぼう えんごさく 
高さ10~20cm位の小さな花です。花の色が鮮明なので写してみました。
2007.4.20 田貫湖 湖畔にて


s-P4231076しゃが
                   著莪(しゃが  
古くから庭の下草としてうえられてきましたが、あらためて山の中でその自生をみるとなかなか良いものです。2005.4.23 丹沢 戸倉にて  


        s-P4271108やまえんごさく
                 山延胡索(やまえんごさく)                                          上の次郎坊延胡索とにていますが、花茎のつけねにある苞葉に切れ込みがあるのが、こちらです。またこの花は白、ピンク、紫、青と花色が豊富で良い香りがあります。春、早く顔を出すとともに咲き始め5月中ごろには地上部は枯れ休眠状態に入る(スプリング・エフェメラル)の仲間です。2005.4.27 東富士にて 


 FC2 Blog Ranking  
←ブログランキングに参加中です。よろしければ一押!お願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ←ブログ村ランキングにも参加中です。よろしくお願いします。                           

テーマ:写真日記 - ジャンル:写真

  1. 2008/01/19(土) 19:24:09|
  2. 花、山草の写真
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

春の野の花、山の花 園3

春の野の花、山の花 園3です。
          s-P50200271ほたるかずら
                  蛍蔓(ほたるかずら)strong>                                                           日本全土に広く分布しているらしいですが、この花の咲き始めの青色は非常に美しく、印象深いものなのでとりあげてみました。青から徐々に紫色に変化していきます。写真の花は、咲いてから少し時間がたち紫色に向かっています。  2004.5.2 丹沢 戸倉 
          s-P5020001しろばなはんしょう
                   白花半鐘蔓(しろばなはんしょうずる                                              峠から下の山を見下ろすように咲いていました。2004.5.2 丹沢 戸倉

s-P5091198すずむしそう   鈴虫草(すずむしそう 野生蘭の一種、花が鈴虫に似ているのでこのようになずけられました。春先によく日が当たるところに生えています。暗いところのものは、くもきりそうです。2005.5.9 丹沢 世附




















          s-P5220032やましゃくやく
                          山芍薬(やましゃくやく              
山に生える野生の芍薬です。この花は、春の内は半日陰のこのような場所に生えています。 ピンクの(べにばなやましゃくやく)は完全な日向にあります。2004.5.22 富士山 アザミライン> 

s-P5290018はくさんちどり  白山千鳥(はくさんちどり)            石川県の白山に多くあると言われていますが、北海道では多くあるため、(たくさんちどり)とよんでいるということでした。時期は6月になりますが、厚岸のあやめが原でたくさんみかけました。2002.5.29 積丹岬



















          s-P5300016えぞぜんていか
                          蝦夷禅庭花えぞぜんていか)
 
北海道に咲く(にっこうきすげ)の変種と言うことですが、よくわかりません。まだ時期が早いせいか、ぽちぽち咲いていました。2002.5.29 積丹岬          

            s-P5300033えぞすかしゆり
                             蝦夷透百合(えぞすかしゆり                    本州の(すかしゆり)より花が肉厚で色も濃いようです。
ブログランキング・にほんブログ村へ←ブログ村へ参加中。


FC2 Blog Ranking←ブログランキング参加中です。一押!ポチットおねがいします。

テーマ:風景写真 - ジャンル:写真

  1. 2008/01/22(火) 19:00:30|
  2. 花、山草の写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

春の野の花、山の花 園4 2008.3.26

春の野の花を求めて秦野戸川公園上の山(丹沢のふもと)へ行ってきました。2008.3.26風の吊り橋
丹沢の登山口、県立秦野戸川公園にある<風の吊り橋>です。ここから林道へ入って行きます。 

やしゃぶし
早春の山でよくめだつ(やしゃぶし)の木の花。

ふさざくら
(ふさざくら)の木の花。

(はなねこのめ)-1
早春の山の渓流沿いにひっそりと咲く(はなねこのめ)の花。

はなねこのめー2
落ち葉に包まれて咲いていた(はなねこのめ)

はなねこのめー3
小さい花ですが、白の花弁に赤いしべがたいへんきれいです。(はなねこのめ)

こけ
春になり(こけ)も生気をとりもどしてきました。最近の丹沢は表土流出で非常に荒れています。少しずつ手は入っているようですが、もう少し手をいれ丹沢発、脱ダム宣言ではなくコケダム宣言を発していただきたいと思います。

あかねすみれ
この花は(あかねすみれ)でしょうか、ひだまりにさいていました。


FC2 Blog Ranking←ブログランキングに参加中です。

ブログランキング・にほんブログ村へ
←ブログランキングに参加中です。























テーマ:写真日記 - ジャンル:写真

  1. 2008/03/30(日) 06:48:43|
  2. 花、山草の写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

春の野の花、山の花 園5 2008.3.26

春の野の花、山の花 園4 秦野戸川公園の続きですふでりんどう

早春の山に咲く(ふでりんどう)

とりかぶと
とりかぶと)の目だしです。

きぶし
">>(きぶし)の花。span>

てんなんしょう
てんなんしょう)の花も咲き出していました。

戸川公園の木
戸川公園に山から戻ってきました。

たちつぼすみれ
戸川公園の(たちつぼすみれ)

やまざくら
夕日をあびて咲く(やまざくら)の花。

夕日にさくら
夕日とやまざくら    春の野の花、山の花 園5おわり

FC2 Blog Ranking   >←ブログランキングに参加中です。よろしければポチ!っとお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ




テーマ:写真日記 - ジャンル:写真

  1. 2008/03/30(日) 07:36:08|
  2. 花、山草の写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

えびね展の写真

えびね展の写真撮影を知り合いのえびね会より依頼され撮影してきました。この会は、えびねのなかの地えびね主体の会なので写した写真は全て地えびねです。ただこの地えびねは、発色が非常に微妙で完全に再現することはむずかしいものです。
じえびね1     じえびね2
じえびね1 緑茶弁白舌                         じえびね2 緑茶弁白舌
s-iyppP4260013じえびね3     s-iyppP4260016じえびね4
 じえびね3 緑弁白舌                      じえびね4 鼠緑茶弁白舌    
じえびね5     jiebine6
 じえびね5 茶弁薄桃舌                    じえびね6 筋緑茶弁白舌                       

jiebine7     jiebine8
 じえびね7 濃赤茶弁薄桃舌                 じえびね8 赤茶弁桃舌 
jiebine9     jiebine10
 じえびね9 緑赤茶弁桃舌                  じえびね10 渋緑茶白爪弁白舌jiebine11     jiebine12
 じえびね11 緑茶弁白舌                   じえびね12 緑茶弁黄舌 
この(じえびね)の色を再現するのは、現在使用しているsRGBではむずかしいとおもわれます。そこでAdobeRGBですが、最近Adobe領域を完全にカバーしているものではないようですが、十分満足できるといわれているディスプレイが7万円前後で売り出されているようです。一時に較べればたいへん安くなりましたが、もう少しやすくなればカメラやプリンターの設定をAdobeRGBに切り替え試してみたいものです。

神奈川県の城ヶ島に(雨は降る降る 城ヶ島の磯に 利休鼠の雨が降る・・)の碑が建っています。子供の頃、この(利休鼠)とはなんだろうと考えていたときがありました。時間がだいぶ過ぎてからこれはねずみ色のひとつと知り少ししらべてみました。これは江戸時代後期の「四十八茶百鼠」と呼ばれる流行色の一つで、名の由来として「地のままで控えめな色彩であることから、詫びた色として詫茶を大成させた千利休を連想した」ものであるということで、色としては(緑かかったねずみ色)です。また茶色とは、元をただせばお茶の色(深い緑から茶色までのさまざまな色)ということです。

じえびねの花にもこの(利休鼠)のほか(四十八茶)が現れ撮影には頭を悩ませますが、じえびね愛好とはこの侘び茶や侘び色を愛でるということであると思われます。
 

FC2 Blog Ranking>←ブログランキングに参加中です

<span style=ブログランキング・にほんブログ村へ" />←ブログ村のランキングにも参加中です。よろしければ一茶お願いいたします。



テーマ:花の写真 - ジャンル:写真

  1. 2008/05/06(火) 21:38:01|
  2. 花、山草の写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
次のページ

プロフィール

takehiro77

Author:takehiro77
居住:神奈川県 湘南地区
性別:男性 趣味:写真、小旅行、温泉、山野草栽培

湘南のオリンパス愛好家です。よろしくどうぞ。

カメラ:
OLYMPUS E-300
OLYMPUS E-M1 MarkⅡ
OLYMPUS E-M5 MarkⅡ

レンズ:
    ZUIKO DIGITAL 14-54mm 1:2.8-3.5

FOUR THERDS ADAPTER MMF-3
PRAKTICAR PENTACON 50mm 1.8 auto
Kindai M42-FOUTHIRDS mount adapter

M.ZUIKO DIGITAL 12-40mm 1:2.8 PRO
M.ZUIKO DIGITAL 40-150mm 1:2.8 PRO
M.ZUIKO DIGITAL 60mm 1:2.8
M.ZUIKO DIGITAL 1.4X TELECONVERTER MC-14

風の吹くまま、気の向くまま、ときには一人で、ときにはごろすけと、ときには家族で、ときには仲間と近所や旅へ。

リンクはご自由に。



















   

カテゴリー

最近の記事

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

   

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

最近のトラックバック

TreeComment_PD

 

TreeComment_PD

 

ツリートラックバック

ブログ内検索

RSSフィード