フォトログ 小旅 風草

日頃の写真、旅の写真

初めの一歩

20070815211629.jpg

子供の頃、よく草に寝ころんだ。草の穂は空に向かってのび、風に揺れていた。空は青く晴れ渡り、白い雲が浮かんでいた。その草が、風草と言う名であることを知ったのは、ずっとあとになってからである。
フォトログ 小旅風草 今まで撮りためた写真や、これから撮る写真を順次アップしていきたいと思います。.
人気blogランキングへ フォトログについてのブログを表示する
FC2 Blog Ranking←FC2ブログランキングに参加中 
今日も一押!お願いします
p-netbanking.jpg






↑いろいろ見ているだけで北海道に行った気になります。一人参加も比較的安く写真とりには、うってつけかと思います。










海釣り・釣り船予約サイト「釣割(ちょうわり)」











ブログランキング・にほんブログ村へ


無料ブログ作成マニュアル

スポンサーサイト

テーマ:写真日記 - ジャンル:写真

  1. 2007/08/05(日) 07:05:41|
  2. 初めの一歩
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

yukino

  1. 2013/12/23(月) 20:12:07|
  2. 初めの一歩
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

kamakura

  1. 2014/06/11(水) 16:08:03|
  2. 初めの一歩
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

甲斐駒ケ岳登山の写真 園2 2014.9.3

甲斐駒ケ岳登山の写真 園2です。

P9030169s-.jpg
画面中央の栗沢山の右奥に北岳が。

P9030185s-.jpg
枯れ木とハイマツと摩利支天。 9時頃駒津峰に到着。

P9030193s-.jpg
この山は。

P9030198s-.jpg
駒津峰より甲斐駒ケ岳をみる。ここからの眺めはたいへん素晴らしいものでした。 この駒津峰は全てホルンフェルスでここを下りきったあたりから花崗岩帯へ。ここにザックとストックをデポし、ウェストポーチに水とウイルダーとスニッカーを入れ甲斐駒へ。

P9030212s-.jpg
鳳凰三山の右奥に、ほんの一瞬うっすらと富士山が見えました。甲斐駒の山頂よりオベリスクを抱く富士山の写真を撮りたかったのですが、この後富士山は二度と現れませんでした。 駒津峰より。

P9030215s-.jpg
駒津峰より甲斐駒ケ岳アップ。 甲斐駒は登る途中で直登と右への回り道に別れます。私は回り道を選びました。

P9030218s-.jpg
回り道の途中で。

P9030220s-.jpg
花崗岩の岩峰、六方石。 この手前あたりから花崗岩帯へ。

P9030225s-.jpg
山頂までの花崗岩の砂の道。登りにくい道です。

P9030227s-.jpg
山頂直下に咲いていた大文字草の花。 疲れが癒されます。

P9030231s-.jpg
甲斐駒ケ岳山頂。 そして11時ころに山頂に到着したときには、ガスに巻かれまわりは何も見えませんでした。ということでしばらくして下山。帰りのバスの最終は15:30北沢峠発。う~む、急がないと間に合わない。いや、ここはゆっくり焦らず下山してもう一泊ということで。

P9030260s-.jpg
仙水峠のホルンフェルス。

P9030273s-.jpg
ホルンフェルスの小さな紅葉。

P9030281s-.jpg
ホルンフェルスの小さな紅葉。 途中、こんな写真やきのこの写真などを写しながらゆっくり下山し長衛小屋に着いた時間は15時20分でした。そしてもう一泊のテント代と生ビール代をお支払いしたのでした。 次回は、北沢峠周辺のきのこや花、広河原で写した川や花などをアップします。

                            甲斐駒ケ岳登山の写真 園3へ   つづく









  1. 2014/09/07(日) 10:30:23|
  2. 初めの一歩
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

夕暮れの羽田沖クルーズ撮影会の写真 2017・2・26

「ダイヤモンド富士と夕暮れの羽田空港を眺めよう!クルーズ」と言う企画に我がフォトパス・飛行機コミュが参加するということで、私も行ってきました。 午前中パシフィコ横浜で開かれているCP+を見学、その後、会場の天王洲ヤマツピア(新馬場駅or天王洲アイル駅)に向かいました。

s-kkP2260049_3.jpg
天王洲ヤマツピアに到着。 早く来すぎたのであたりをぶらぶらと。

s-kkP2260524_1.jpg
羽田D滑走路より飛び立つソラシドエア。 話はだいぶ進んで羽田空港沖へ。 

s-kkP2260722_1.jpg
この日、上空は晴れていましたが、結局、西の空には、雲があり富士山は最後まで見られませんでした。

s-kkP2260444_1.jpg
D滑走路(05)よりキャセイパシフィック。

s-kkP2260550_1.jpg
Dより飛び立っていったシンガポールエアライン。

s-kkP2260564_1.jpg
D滑走路よりANA。

s-kkP2260349_1.jpg
C滑走路(34R)に帰ってきたJAL。

s-kkP2260594_1.jpg
飛行機と鳥たち。 わずかに夕焼けが。

s-kkP2260616_1.jpg
煙に飛行機。

s-kkP2260498_1.jpg
夕日に飛行機。 この頃を境に夕日は雲のなかへ。

s-kkP2260985_1.jpg
日没後、JALはC滑走路より飛び立って行きました。

s-kkP2261188_1.jpg
日が暮れて次々と飛行機が帰還してきました。CとA滑走路に入るようです。

s-kkP2261297_1.jpg
夜景ー東京タワーとレインボーブリッジ。船長は時間を延長していただき、ゆっくりと夜景を鑑賞しながら戻ることに。

s-kkP2261433.jpg
船上から見上げたレインボーブリッジ。 ダイヤモンド富士は見られませんでしたが、和気藹々と楽しい撮影会でした。

s-kkP2260169_3.jpg
撮影会の後、こちらで恒例のOFF会を。ビールがたいへんおいしかったのであります。 よかった!よかった!

           夕暮れの羽田沖クルーズ撮影会の写真    おわり



  1. 2017/03/02(木) 12:31:08|
  2. 初めの一歩
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

takehiro77

Author:takehiro77
居住:神奈川県 湘南地区
性別:男性 趣味:写真、小旅行、温泉、山野草栽培

湘南のオリンパス愛好家です。よろしくどうぞ。

カメラ:
OLYMPUS E-300
OLYMPUS E-M1 MarkⅡ
OLYMPUS E-M5 MarkⅡ

レンズ:
    ZUIKO DIGITAL 14-54mm 1:2.8-3.5

FOUR THERDS ADAPTER MMF-3
PRAKTICAR PENTACON 50mm 1.8 auto
Kindai M42-FOUTHIRDS mount adapter

M.ZUIKO DIGITAL 12-40mm 1:2.8 PRO
M.ZUIKO DIGITAL 40-150mm 1:2.8 PRO
M.ZUIKO DIGITAL 60mm 1:2.8
M.ZUIKO DIGITAL 1.4X TELECONVERTER MC-14

風の吹くまま、気の向くまま、ときには一人で、ときにはごろすけと、ときには家族で、ときには仲間と近所や旅へ。

リンクはご自由に。



















   

カテゴリー

最近の記事

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

   

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

最近のトラックバック

TreeComment_PD

 

TreeComment_PD

 

ツリートラックバック

ブログ内検索

RSSフィード